ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっと日本でも観れる! 『ヒックとドラゴン2』がTAAFで国内初上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫


How To Train Your Dragon 2 © 2014 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved© 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
All Rights Reserved.TWENTIETH CENTURY FOX, FOX 
and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.
3月19日(木)から23日(月)にかけて開催されるアニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)」。そのオープニング作品に、第87回アカデミー賞長編アニメーション賞部門にノミネートされた、ドリームワークスが手がける3Dアニメーション映画『ヒックとドラゴン2』が決定した。

今回、TAAF2015での上映が、この作品の記念すべき日本初上映となる。

ついに日本でも観れるっ!

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2 – Official Trailer

『ヒックとドラゴン2』は、すでにゴールデングローブ賞アニー賞など数々の映画賞を受賞。全世界37か国で1位を獲得するなど、世界興行収入をみても大ヒットを飛ばしている世界的に注目度の高い長編CGアニメーション映画だ。

前作の『ヒックとドラゴン』は、日本の映画ファンの間でも名作として知られ、2014年4月に続編『ヒックとドラゴン2』が全世界で公開されるも、これまで日本での公開は発表されず、日本のファンらによる署名運動まで起こる事態となっていた。

TAAF2015の初日である3月19日(木)TOHOシネマズ日本橋にて、無料での上映を予定。チケットの入手方法などの詳細は、追って公式ホームページで発表される。

今回の上映を受けて、日本での配給の実現性も高まるかもしれず、ファンには嬉しい発表となった。 

引用元

やっと日本でも観れる! 『ヒックとドラゴン2』がTAAFで国内初上映

関連記事

シドニア、ピンポン、アナ雪に妖怪ウォッチが候補! TAAF2015とは?
庵野監督公認の“別のエヴァ” ハリウッドに迫る3DCGアニメ制作秘話
日米のアニメ制作の違いとは? 『ベイマックス』コンセプトデザイン コヤマシゲトインタビュー

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP