ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UKダブとポスト・パンクの重要参考人、エイドリアン・シャーウッド来日公演!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイドリアン・シャーウッドの来日公演がこのたび発表となった。日程は4月16日から18日かけてで、名古屋、大阪、東京の3公演が予定されている模様。

UKはブリストルのダブステップ、ベース・ミュージックの若手筆頭、ピンチとのシャーウッド&ピンチを今年の初頭にリリースしたばかりのエイドリアン・シャーウッド。今年は、3月に79~84年のポスト・パンク期に若きエイドリアンが手がけたスリッツやマキシマム・ジョイなどの鮮烈な作品を、レーベルの枠を越えて再編したコンピレーション、『Sherwood At The Controls』もリリースされることも決定しているなど、その動きは活発化しつつある。

1970年代後半から、自らもクリエイション・レベル~ダブ・シンジケートを率いて、ビム・シャーマンやプリンス・ファーライとともにUKルーツ・レゲエを牽引。また、1980年代に入ると、そのダブ・ミックスの手腕をスリッツ周辺のポスト・パンク~ニューウェイヴ・バンドにも施し、デニス・ボーヴェルとともに、ニューウェイヴ・ダブを牽引していくことになる。その後はさらにそのダブ・ミックスの手腕をインダストリアル・ミュージック、エレクトロニック・ボディ、ヒップホップ、さらにはハウスやテクノといったサウンドに援用、そして1990年代にはプライマル・スクリームのアルバム1枚のダブ・ミックスなども手掛けている。

今回の公演では、こうした彼の様々な面が垣間見れるセットになっている模様だ。まずソロとしては、『Sherwood At The Controls』に即したような「’79 ~ ’89 Classic DJ Set」、そして最新の「All New Selection – Live Multi-Tracks Set」という2つのセットが行われる模様だ。前者はDJセット、おそらく後者は、そのサブタイトルからして、さまざまなマルチトラック素材によるライヴ・ダブ・ミックスになるのではないだろうか。さらに18日(土)にUNITで行われる東京公演では、これに加えてバンドにせんねんもんだいを迎え、ライブのダブ・ミックスをその場で行う模様。

なお大阪は16日(木)CONPASS、名古屋は17日(金)CLUB MAGOにて。
(河村)

・シャーウッド&ピンチ、および〈ON-U Sound〉クラシックを紹介したOTOTOYの特集ページ
http://ototoy.jp/feature/20150114

・来日公演の公式イベント・ページ
http://www.beatink.com/Events/Adrian-Sherwood-2015

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP