ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダースベイダーが花で可愛く! D[diː]が描くポップなアセンション

DATE:
  • ガジェット通信を≫


D[diː] 個展「The Pretty ASCENSION “S”」
作家、イラストレーター、美術家と幅広く活躍する D[di:]さん の個展「The Pretty ASENCION “S”」が、国内最大規模の都市型地域アートイベント「Pureism国際展 阿佐ヶ谷アートストリート2015」の中で、3月7日(土)より阿佐ヶ谷・TAV GALLERYにて開催される。

D[diː]が描くポップな感覚のアセンション

D[diː]さんは、2000年に多摩美術大学在学中に小説『ファンタスティック・サイレント』で作家デビューしたアーティスト。デビュー作でありながら、スタジオジブリの宮崎駿監督が帯文を書いたことでも注目を集め、2作目『キぐるみ』では「ノベルコミック」という新たな文学スタイルを生み出した。その後、小説、漫画、イラスト、ファッション、デザインなど、活動の幅は多岐に渡っている。

本展示のタイトルにある「ASCENSION (アセンション)」とは、上昇、即位、昇天、または天国へ行くことを意味する英単語であり、ニューエイジ(精神世界)の用語では、惑星地球の次元上昇を意味する。

一見オカルト的な題材と思われる言葉を使用した意図について、D[diː]さんは、次のように語っている。

今展で私の“アセンション”とは、高次元な存在、高度な技術、高いエネルギーを保持していたであろう生命体、強いパワーを秘めアセンションに近づくための図形または場所、建造物という解釈で、チベットの僧侶たちがマンダラを砂をつかって描くように、わたしにとっての砂である花モチーフを使って、パロディ化させていただいた。「ださい」とか、「うそでしょ」とか、「ばっかじゃないの!」と嫌厭されがちなオカルティックな題材を、一見pretty化すること(花だらけで可愛らしくすることなど)で、観る人の脳裏に刷り込ませ「Let’s アセンション!」なトリガーとならないかなぁ、という想いをこめて

D[diː]さんのコメント

D[diː]さんは、今回の展示で「アセンション」という言葉の意味に、別の角度からの見方を与える芸術作品の制作を試みている。

本展では、D[diː]さんの新作が展示されるほか、一部のプロダクトの販売も行われる予定。また、3月6日(金)の17時から20時まで、本展と「Pureism国際展 阿佐ヶ谷アートストリート2015」合同の誰でも来場できるオープニング・パーティーが開催される。

D[diː]さんの境目を越境する活動だからこそ生み出された、カジュアルでポップな感覚の作品群に注目したい。

引用元

ダースベイダーが花で可愛く! D[diː]が描くポップなアセンション

関連記事

来場者数20万人突破! チームラボと日本科学未来館の大型企画展
アニメーションの夜明け! 藝大アニメーション専攻修了制作展に注目
気鋭作家がつくる円谷ウルトラ怪獣たちが個性的でかっこよすぎる!

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP