ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斉藤幸延がリアルイラストレーションで『ニコチャン大王』と『ラーメンマン』を描いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この世の中には「リアルにすると怖くなる」、そんなキャラクター達が存在する。
それを分かっていながら、探究心がおさえきれずついリアル化してしまった……という、元ゲームキャラクターデザイナーでイラストレーターの、斉藤幸延さんの作品がネットで話題になっている。

つい最近話題になったのは、『Dr.スランプ』のニコチャン大王をリアルにしてみた。斉藤さんはこれまで数多くのゲーム作品のイラストを手掛けており、リアル化にかけては正真正銘の超一流。

そんなプロが遊んでしまったんだもの……。遊びが遊びじゃなくて、ご覧のような本気印の「ヤバイ生物」が誕生することに。

「リアルにしてみた」シリーズはこれが初めてではなく、斉藤さんは過去にも『キン肉マン』に登場するラーメンマンをリアルにしてみたも発表し、こちらもネットで大絶賛されている。
ちなみにその時のラーメンマンは、「三つ編みを作るのが大変そう」だとして一旦保留にし、後日改めて完全版を公開している。

斉藤さんは趣味で描いたこうしたイラストを、自身のTwitterアカウント(@yonyon76)で度々公開してはファンを喜ばせている。他にも、29日に公開した「肉をリアルに描いてみた」や、「自分で撮った風景写真にドラゴンを描いてみた」などの人気作はどれも必見。

なお、斉藤さんはリアルイラストレーションを描くことについて「リアルイラストレーションを使ったエンターテインメントの可能性をこれからも追求していきたいですね。」とコメントし、今後の作品制作にも意欲を見せている。

※本稿掲載イラストは、斉藤幸延さんの許可を得て掲載しています。

【関連:大人版『妖怪ウォッチ』がおどろおどろしくてカッコイイ】

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP