ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SB松坂大輔 勝利数の目標明言せずも200イニングを目指す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西武ライオンズを皮切りに中日、ダイエーでプレーし、引退後もダイエー、西武、ソフトバンク(SB)、横浜、起亜(韓国)などで投手コーチを務め、今年評論家デビューする杉本正氏。精力的にキャンプ取材を行なった同氏がパ・リーグの順位を予想した。予想は以下の通り。

【1】オリックス【2】ソフトバンク【3】日本ハム【4】西武【5】楽天【6】ロッテ

 パの優勝争いはSBとオリックスが軸だと杉本氏は見る。
 
「松坂大輔にインタビューしましたが、本人はローテーションの一角として1年間投げ抜きたい思いがあるそうです。何勝かは明言しませんでしたが、具体的な数字としては200イニングを投げたいという。メジャーに行ったことでフォームを含めて悩んでいるが、今はまだ新しい松坂大輔を作ろうとしているのではないかと感じました。
 
 オリックスは、佐藤達也、馬原孝浩、平野が“勝利の方程式”として中継ぎ以降が充実している。2.89という12球団一の防御率は今年も健在です。それに何より、野手の補強が素晴らしい。中島、小谷野、ブランコの加入で層はますます厚くなって得点力も増した。個人的に森脇監督と親しいので、今年は頑張ってほしいと思います(笑い)」
 
 その上位2強を脅かすとすれば日本ハムだと語る。
 
「大谷は優れた打者として認めるが、それ以上に先発投手としての能力が高い。ローテーションの中心になれば、日ハムはもっと強いチームになれる。投手陣の後ろを増井浩俊がしっかり務めることができればなおいい。打線のつながりもあるので、Aクラスになる力は十分」
 
 西武は投手力不足、ロッテは補強なし、楽天は大久保博元新監督の手腕が未知数との評価だった。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SB松坂の再生役 指導者に名投手が集結して「船頭だらけ」に
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画
斎藤佑樹 日ハム投手陣は十分だから組み込むなとOB提言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP