ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬のしつけトレーニング アンチエイジングに役立つと専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 物事には必ず終わりがやってくる。犬のしつけのトレーニングにも必ず卒業があるが、その後、まったくトレーニングをしなくなるのは犬のためによくないという。犬の飼い方の基礎知識や生態などを分かりやすく解説した『イヌのホンネ』(小学館新書)著者で、犬のしつけ教室・Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、しつけトレーニングの効能について解説する。

 * * *
 犬のしつけのトレーニングにも卒業がある、ってな話を以前した。しつけのトレーニングは、日常生活を快適に、安全に、ストレスなく過ごすために不可欠。ってことは日常生活で必要な行動が諸々できるようになれば、トレーニングの時間はもう不要。しつけのトレーニングを「卒業」する、ってのはいわばこのことを意味する。

 ところがこの卒業を迎えることで、問題もでてくる。それは、飼い主とのコミュニケーションの時間が減ってくる、ってこと。

 何かを教え教えられる、その二者の間には、濃密な時が流れる。人間の場合、小さい子ほどいろんなことをお母さんが教える。だけど成長するにつれ、教えることは減ってくる。結果、コミュニケーションの時間も、減ってくる。

 で、ですね、私めはしつけのトレーニングの卒業を迎える飼い主さんには、こうアドバイスする。芸を教えましょう、ってね。実際私めも、今は亡き初代パートナーには、5歳を越えてから毎年最低2個は、新しい芸を教えてた。

 ハーイにバックにゴロンにオジギ、腕の輪くぐりに足にオテ……それぞれの詳細をここでは述べませんけどね、犬に新しい何かを教え続けるってことは、犬の脳には新しい回路ができ続ける、ってこと。犬のアンチエイジングにもきっと役立つはずですわな。

 芸は身を助くじゃないけれど、まぁ、芸はいろいろ役に立つ、ってこってすよ。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ギャンブルにはまる心理と犬のトレーニング 理屈は同じとの説
犬のしつけ指導者が基本的な4つのしつけ学習パターンを語る
梅雨到来 いかにして犬の散歩をさせるべきか犬事情通解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP