ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ポールスター2014年全世界音楽興行ベスト10を発表、1位はワン・ダイレクション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

少し旧聞に属するが、音楽興行の業界誌ポールスターが、2014年の通期(1月~12月)の興行売り上げ上位アーティストを発表した。ワン・ダイレクションがローリング・ストーンズを押さえて1位になった。(1$120円換算)

1位 ワン・ダイレクション  339億円

2位 ジャスティン・ティンバーレイク  222億円

3位 ローリング・ストーンズ  198億円

4位 ケイティ・ペリー  184億円

5位 ビヨンセ/ジェイ・Z  132億円

6位 マイケル・ブーブレ  126億円

7位 レディー・ガガ  106億円

8位 イーグルス  104億円

9位 ポール・マッカートニー  101億円

10位 ブルーノ・マーズ  101億円

ワン・ダイレクションは見事だ。少女向けなのでチケットの平均単価が82.05ドル(9846円)と、これらのアーティストでは最も安い。トータルのチケット売り上げ枚数は344万枚で、ベスト10内のアーティストではダントツのトップ。明日(24日)の大阪から日本公演が始まる。ボーイバンドは解散前に稼ぐだけ稼ぐ。

4位のケイティ・ペリーも立派。女性のポップ・シンガーでこの成績は、いかに世界的なシングル・ヒットを作るかが鍵。カリフォルニア・ガールズ、ファイヤーワーク、E.T.、パート・オブ・ミー、ロアーやダーク・ホースといった多くのビルボード・シングル・チャート1位曲は、海外のラジオ局もかけやすい。カントリー・ミュージックというアメリカ以外ではハンディ・キャップになるテイラー・スウィフト。カントリーを捨てたのはそれが理由。マドンナ、マライア・キャリー、ケイティ・ペリーの後を追う。その為には世界的なシングル・ヒットが不可欠だ。

7位のレディー・ガガは2014年の後半に盛り返した。10位のブルーノ・マーズが新しい音楽ショー・ビジネスの姿を見せてくれている。マーク・ロンソンとのシングル「アップタウン・ファンク」は最新のビルボード・シングル・チャートで7週連続の1位。今後の世界ツアーには強力な武器になる。

10位以下のアーティストはロック系が健闘した。エルトン・ジョンが11位、フリートウッド・マックは13位、ビリー・ジョエルは14位、ブルース・スプリングスティーンは15位だった。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP