ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに出た!登場人物たちがアニメーションする“動く絵本” 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃、寝る前に絵本を読んでもらうのがとても楽しみだった人も多いだろう。絵本は子どもの情操教育や知育にも関わり、親子の絆を深める重要なツールだ。そんな伝統的な絵本という媒体にも、現代のテクノロジーの波が押し寄せているようだ。

紙媒体と電子媒体をドッキングさせた新たな試み

絵本といえば紙に印刷されたアナログなもの。一方、電子書籍といえばスクリーンをタッチするデジタルツールであり、長く大切に保管し、本棚に並べる楽しみはあまりない。どちらにもメリット、デメリットがある。それなら、両方のよいところをドッキングさせてみようというのが、新しい子ども向けの本「Goodnight Lad」の試みである。いわば“augmented reality(AR、拡張現実)”の絵本だ。

専用のアプリとスマートフォンカメラで動作

このツールは、紙媒体の本と専用のアプリで構成される。普通の絵本のように、ページをめくりながら読み進めるのだが、アプリを起動し、スマートフォンのカメラ越しに絵本のページをのぞくと、絵本上にアニメーションが浮かび上がって見える。

アニメーションをする、魔法のような絵本

3Dのグラフィックになっていて、登場人物が腰掛けたり、動き回ったりと、いろいろなアクションをしている。静止していた絵本の世界に命が吹き込まれ、動き出す。まるで、絵の中身が動く魔法の本のようである。

回転させて、さまざまなアングルから楽しもう

3Dグラフィックなので、正面方向からだけではなく、回転させたり、斜めに傾けたり、上から眺めることで、また違ったアングルのグラフィックアニメーションが楽しめる。本の大きさは、およそ13×13センチ弱程度で、子どもでも持ちやすい。Loganという名前の少年が主人公の物語だ。

すでに目標の5倍の投資資金を獲得

専用のアプリはiOS、Androidの両方に対応している。このAR本のプロジェクトは、現在資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、すでに目標額5千ドルの5倍の投資資金を集めている。子どもにとってはまさに魔法の絵本。新しい読書体験があるに違いない。

Goodnight Lad

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP