ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おいしいだけじゃない! 見た目の美しさにもこだわったアートのような餃子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月16日放送の「あさチャン!」(TBS系、毎週月~金曜午前5時30分)、「キテマスくん」のコーナーで「餃子ハンターおすすめ!絶品餃子」と題し、アナウンサーの佐藤渚さんが「老辺餃子舘 新宿本店」(東京都新宿区)を訪れた。

 同店の餃子の中でもイチオシは「蒸し餃子」(390円 税込み※1せいろ2個入り)。たれをつけなくても、中のあんにしっかり味が付いているので、そのまま食べることができる。特徴的なのがアートのように美しい見た目だ。鶏のとさかや馬のひづめ、鳳凰(ほうおう)の目の形など全部で5種類の皮の包み方があり、華やかな雰囲気の餃子となっている。

 1人で包めるようになるのには何年かかるかと佐藤さんに尋ねられたマネジャーは「最低でも5年ぐらいは練習します」と回答。「それだけ修業しないとあのきれいな形には包めないんですね」と佐藤さんも美しさの裏にある熟練の技に納得した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:老辺餃子舘 新宿本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:新宿×中華のお店一覧
漢方専門医・丁先生おすすめの匂いが強い食べ物とは!?
平日限定5食! 魚料理コンテストで1位に輝いた「金のだし茶漬け」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP