ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火を使わずに超明るい! 『ミレニア LEDキャンプサイトランタン』はリフレクターも付いて使い勝手よし

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アウトドア用品ブランド、コールマンから、安心・安全に夜のキャンプを明るく照らすLEDランタン『ミレニア LEDキャンプサイトランタン』が2月中旬より登場しました。

新製品は、なんとコールマンがこれまでに発売してきたランタンの2倍以上の明るさを誇るそう。早速編集部にて試用レビューいたしました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/830972

初めてのキャンプでも安心! 超明るく広範囲を照らせる『ミレニア LEDキャンプサイトランタン』

『ミレニア LEDキャンプサイトランタン』は、キャンプサイト全体を照らすことのできる大光量のLEDランタン。火を使わないので、初心者の方や小さいお子さん連れでも安心して使えます。

注目したいのはコールマンLEDランタン至上最大の明るさ。従来のものは約400ルーメンまでの明るさだったのが、こちらの製品は1000ルーメンの明るさを誇ります。1000ルーメンというのは、1メートル先に1000本のローソクが置かれているのと同じ明るさだそうです。

付属のリフレクターを使うことで、後方に溢れる光を前方へ反射することができ、明るさをさらに約50%アップさせることもできます。

リフレクターは、折りたたみの鏡のようにコンパクトなので、収納時にも困りません。

固定パーツを使って開いた状態にセットし、ハンドル用の溝にはめて使用します。

ハンドルにはランタンハンガーやスタンド等に吊るすように、凹みがついています。

「いくら明るくても、目に痛い明るさは嫌だ」という方もご心配なく。

青色LEDの光を黄色のフォスファーに反射させて、白色を作り出す“リモートフォスファーテクノロジー”によって、ギラギラは抑えつつ、効率よく明るく均一な光を広範囲の角度に拡散できるようになっています。

では、早速暗く締め切った部屋にて、その光の威力を試してみましょう。まずはLEDの懐中電灯で照らした様子。一部は明るいですが、周りは真っ暗。そして、光が目に痛いです。

ランタンの真ん中のスイッチを押すと……ぱっと部屋中が明るくなりました! こちらが1000ルーメン(High)の明るさ。通常3600ルーメンほどの天井につける直管形蛍光灯を点けるよりは暗めですが、視界良好です。アルカリ単一形乾電池×6本使用で約14時間ももちます。

こちらがMediumの明るさ。割りと電灯の多い地域の夜道より、ちょっと明るいくらいの視界です。この明るさだとなんと68時間ももちます。

そして、こちらが最弱のLowの明るさ。この状態ですと約148時間もちますので、就寝時にはこれくらいがちょうど良さそうです。

最大光量でリフレクターをつけると光が遮られた後ろは暗くなりますが、野球場のライトのように前方がカッと明るくなります。それだけ明るくても、そんなに目に刺激を感じないのがいいですね。『ミレニア LEDキャンプサイトランタン』は、初めてでもキャンプの夜を思う存分楽しみたいときに、とっても重宝するアイテムになりそうな予感です。

製品情報

製品名:ミレニア LEDキャンプサイトランタン
価格:¥11016(税込) ※編集部調べ
明るさ:約1000lm(ルーメン)
使用バルブ:LED
サイズ:約15×15×29(h)cm(ランタン)、約17×2×19(h)cm(リフレクター)
重量:約980g(ランタン)、約400g(リフレクター)
材質:ABS樹脂、PC、ステンレス、ほか
連続点灯時間:約14時間(High)、約68時間(Medium)、約148時間(Low)
使用電源:アルカリ単一形乾電池×6本(別売)
防水性能:IPX4対応(水没以外の雨や水しぶき等あらゆる天候で使用可能)
付属品:リフレクター
対応収納ケース:ランタンケース/L(レッド)

公式サイト

http://www.coleman.co.jp/[リンク]

コールマン オンラインショップ
http://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N04040.html?_ga=1.249567174.1738190288.1417596440[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP