ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft OneDriveのベータ版が日本語に対応、ファイルの内容や画像中のテキストも検索対象に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週提供の始まった Microsoft OneDrive アプリのベータ版がこのほど日本語表示に対応し、さらに、ベータ版でファイルの内容や画像中のテキストでも検索可能であることが明らかになりました。OneDrive のベータ版では、アプリ UI が Material Design 化されており、外観や新規作成ボタンが刷新されるなど、以前よりも使い勝手がよくなっています。ベータ版のリリース時点で変更内容は明らかにされていませんでしたが、本日の「v2.9.6(Feburary Beta 3)」のリリースと同時に次の変更内容が新機能欄に記載されました。・ファイルの内容や写真の中のテキストも検索可能・外観を更新・OneDrive for Business アカウント: ファイルの縮小表示と仕事用ファイルの共有目玉は、検索対象がファイルの内容や画像中のテキストにまで拡大したところでしょうか。画像のテキストが検索対象になるまでにはアップロードから数分ほどかかるとされていますが、今のところ、日本語では検索できず、ローマ字では検索結果に画像にヒットするようになっていました。「OneDirve」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
マウスコンピューター、LTE対応SIMロックフリーのWindows Phoneの開発に着手
Nexus 9がノートPCに変わるHTC純正アクセサリー「Nexus 9 キーボード付ケース 99H11710-00」 開封の儀
Huaweiの新しいエントリーモデル「Ascend Y540」がオランダで公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。