ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Nexus 9がノートPCに変わるHTC純正アクセサリー「Nexus 9 キーボード付ケース 99H11710-00」 開封の儀

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Nexus 9 の HTC 純正アクセサリーとなる「Nexus 9 キーボード付ケース 99H11710-00」を入手したので早速開封の儀を執り行います。「Nexus 9 キーボード付ケース」は、Bluetooth v4.0 に対応したキーボードとタブレットカバーが合体したアクセサリーです。Nexus 9 をまるでノート PC のようにしてタイピングでき、タブレットとキーボードの面を合わせて閉じるとケースとしても機能する優れもの。Nexus 9 は 8.9 インチ画面を搭載しているので、キーボードを利用すると UMPC のようになります。外出先でノート PC として活用することに対する需要はけっこうあると思うので、その需要に応えてくれるのが今回のアクセサリーになります。価格は 15,000 円前後です。決して安くはありませんが、Bluetooth キーボードとタブレットケースが一緒になったと思えば妥当な値段ではないでしょうか。本体はご覧の通り、キーボードと iPad のスマートカバーのようなものが一体となっています。

ケースはポリウレタン素材で出来ており、表面はややラバー感の質感です。フラップ部分は 3 つに折れ曲がる仕組みで、折って Nexus 9 のスタンドにします。この製品では Nexus 9 のスタンドにした場合に 2 段階で角度調節できます。

キーボードは、キーストローク 1.4 mm のメカニカルキーを採用しています。日本で正規に販売されているものは日本語配列なので、ふつうの PC 用キーボード感覚でタイピングできますが、外国のキーボードのように Enter キーのサイズが小さくなっています。また、本体上には、Google 検索キーなの Android 特有のキーもあります。

ヒンジ部分にはバッテリーが内蔵されており、その両サイドに充電用のMicro USB端子や電源ボタンがあります。電源ボタンを長押しするとBluetooth ペアリングを実行できます。

Nexus 9 と合体させるにはフラップの先端を Nexus 9 の背面にあて、マグネットでピタッととめます。

キーボードの上側にもマグネットが仕込まれており、そこに Nexus 9 の下側を近づけると磁石で引っ付きます。これで PC のような外観になりました。

フラップの中間を Nexus 9 から離せば角度をつけることができます。

持ち運ぶ際にはタブレットのディスプレイとキーボードを張り合わせる感じで閉じます。マグネットでスリープが ON / OFF する仕組みなので、わざわざ電源ボタンを押してスリープモードにする必要もありません。

肝心なキーボードの操作性について。キーボードはメカニカルキーなので、いつも使っている Lavie Z のパンタグラフキーよりもクリック感があり、打ち心地は良いと感じました。

しかし、モバイルキーボードの一種なので、キーやキーピッチは狭く、最初のうちはタイプミスを連発してしまいました。しかし、少し使って慣れると押し心地が比較的良いからなのか、いつも使っているデスクトップ用の PC キーボード(Logitec K480)とさほど差はない感覚でタイピングできるようになりました。キーボードを利用すると、キーを押すだけで Nexus 9 をスリープから復帰させることができるほか、ホーム画面では、キーを押すだけで検索バーが表示されます。また、Google 日本語入力などの物理キーボードに対応したアプリを利用すると、変換候補が PC のように選択した文字の直下に表示されて選択しやすくなります。


(juggly.cn)記事関連リンク
Huaweiの新しいエントリーモデル「Ascend Y540」がオランダで公開される
定番のXposedモジュール「GravityBox」がAndroid 5.0(Lollipop)に対応
デベロッパーがiPhoneでAndroid Wearスマートウォッチへの通知の転送を可能に、デモ動画も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。