ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太らない工夫 焼肉では脂肪多いタンよりハラミ+キムチ推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 太るとわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまうものだが、食べ合わせの工夫で、少しでも軽減できるという。その方法を専門家に教えてもらった。

 どうしてもポテトチップスがやめられない場合には、スライスタイプや小袋を選び、少しでも油分を減らすべきだと、管理栄養士の浅尾貴子さんは語る。

「摂取した油を帳消しにはできないので、小袋にして、まず食べる量を減らすこと! 棒状などに形を整えられた成形タイプは、製造過程で食物繊維とビタミンが壊れているので、スライスタイプを。スライスでも、表面がギザギザタイプは表面積が増える分、油の吸収量が多くなるので、平らなものを選びましょう」(浅尾さん)

 ダイエット中にとんカツ定食はNGと思いがちだが、食べ方次第で脂肪の吸収を和らげることが可能。それにはまず、キャベツを60g食べることだという。

「食事の前半に野菜を60g食べると、その後に食べる脂質の吸収が緩やかになります。まずは、キャベツを3、4口をよく噛んで食べてから、ゆっくりとんカツやご飯を食べましょう。よく噛むことで満腹感が得られ、ご飯の量が少なくなる効果も」(浅尾さん)

 焼肉では、太りにくそうなタンを選ぶと良さそうだが、タンには脂肪がたっぷりだというのは、内科医で認定産業医の桐村里紗さん。

「実はタンは脂肪が多い部分。選ぶならハラミやカルビを。また、加熱肉は酵素が死んでしまうため、日本人には消化が難しい食べ物。腸内環境が悪化して体の老化 を招き、代謝が低下します。キムチをプラスすると、乳酸菌や酵素が消化を助けてくれます。キムチは、基礎代謝を高めるカプサイシンが豊富なうえ、肉の糖質 をエネルギーに変えるにんにくも入っています」(桐村さん)

 食事は、肉や揚げ物がメインのコンビニ弁当が多いという人は、こんな点に注意を。

「コンビニ弁当は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養が不足しがち。結果、基礎代謝が低下して太りやすくなります。小魚、チーズ、納豆、ナッツ、海藻類などをプラスし、足りない栄養を補いましょう。また、先に野菜を食べると、余分な脂質や糖質の排泄を促せます。まずは野菜から食べ、次に肉や魚、ご飯の順番で食べましょう」(桐村さん)

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏木マリ 週1焼肉で野菜とキムチと赤身食べて美肌をキープ
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性
オータムジャンボ必勝法 金運UP食材を生まれ季節別に紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP