ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中谷美紀主演映画『繕い裁つ人』原作 人の幸せは何かを問う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【マンガ紹介】『繕い裁つ人(6)』池辺葵/講談社/648円

 大好きなマンガがまたひとつ完結しました。『繕い裁つ人』。中谷美紀主演映画も公開中の作品です。祖母から受け継いだ「南洋裁店」で町の人たちのために服を仕立てる「頑固じじい」のような女性・市江のお話。

 今回は事情がありそうな女教師に〈真っ黒なフォーマルワンピース〉を仕立てます。仮縫いの段階でも〈ぺちゃんこ胸 しっかり肩〉の体を美しく見せる服は、教師の心を浮き立たせますが、本縫いで出来上がったワンピースには、市江の計らいで繊細なレースの白い襟が。〈洋服でこんなに幸せな気持ちになれるなんて 全然知らなかった〉。彼女のこれからの人生に、確かに光が差すさまを読者は目にします。

 市江には、百貨店勤務で彼女の服にほれ込んでいる、藤井というよき理解者の男性がいます。最終巻では藤井のパリ出向に、市江がついていくのかどうかが、ひとつの焦点になります。が、それは「恋愛ドラマ」としての盛り上がりとなるだけではありません。

 子供のころから約30年、この場所でずっと、〈人の幸福ばかり願って洋服を仕立ててる〉と言われる市江自身の幸せとは何なのか、ひいては、人の幸せとは、人生とはなんなのか――そんなところにまで、読者の思いは及ぶのです。

 市江の母は、言います。〈市江が南の主人であることに 幸も不幸もないんだろうって 最近は思うのよ〉。人生についての静かな、けれど確信に満ちた言葉が、市江の穏やかな表情と共に、いつまでも心に残ります。

(文/門倉紫麻)

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
針仕事で家計支えた103歳の女性「100年なんてアッという間」
古舘伊知郎氏 番組で都合のいい「権威」を見つけてひれ伏す
来年90歳 「ゲゲゲ」の水木しげるが答える人生論が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。