ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK『花燃ゆ』 主人公の前に「舞台」決まっていたとの証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の低空飛行が続いている。長州(山口県)出身の幕末の思想家・吉田松陰の妹である杉文(井上真央)をヒロインにしたドラマは歴代ワースト3位の16.7%でスタートし、2月15日放送の第7回は11.6%と最低を更新。歴代最低だった『平清盛』(2012年)の平均視聴率12.0%を下回る歴代ワーストも見えてきた。

 本誌がこれまで指摘してきた『花燃ゆ』の制作経緯に関する重大証言を紹介しよう。
 
『花燃ゆ』スタートに合わせて発売された『花燃ゆ 完全ガイドブック・TVガイド特別編集』(東京ニュース通信社)には、脚本を担当する大島里美氏のインタビューが掲載されている。
 
〈文を主人公にしたドラマにすることは、オファーがあったときにすでに決まっていたのですか?〉という質問に対する大島氏の回答は実に興味深い。
 
〈いいえ、文を主役に決めたのは、題材を探しに土屋さんと宮村さん(編集部注・土屋勝裕チーフプロデューサーと、共同で脚本を担当する宮村優子氏のこと)と一緒に萩取材に行ったときのことでした。そのほかにもいろいろな案があったのですが、取材中に文を見つけて、これはドラマになると思ったんです〉
 
 つまり「主人公の前に舞台が決まっていた」と説明しているのだ。
 
 本誌1月30日号ではジャーナリスト・鵜飼克郎氏のレポートで、2013年9月に大島氏ら3人が山口県萩市を訪れ、「何か大河ドラマの題材はありませんか」と観光課長らにヒアリングしていた情報などを紹介。主人公の決定より「舞台が安倍首相の地元である山口県であること」を最優先したと報じ、政治的な思惑が絡んでいたのではないかと問題提起した。
 
 それに対してNHKは「制作の中身や過程についてはお答えしない」(広報部)と説明したが、当事者である大島氏の一言で、本誌が指摘した疑惑がさらに深まったことになる。
 
 どうも疑惑は間違いなさそうなのだ。なぜなら安倍首相自身、こんなことを語っていたというのである。官邸筋が明かす。
 
「親しい記者との会合で“大河観てる? 面白いねェ、やっぱりあのドラマにしてよかったな”と話したことがあり、聞いていた記者たちは後で、“やっぱり週刊ポストの話は本当だったんだ”とヒソヒソ盛り上がっていました」
 
“オレが決めた大河”では視聴者が冷ややかになるのも仕方ないことだろう。
 
 特にドタバタの突貫制作を強いられたNHKのスタッフにしてみれば、低視聴率は“安倍の呪い”に映るかもしれない。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚
大河『花燃ゆ』撮影をNHK会長も視察 政権に配慮との声も
剛力彩芽が走る、走る! 19歳の疾走シーンを独占撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。