ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SHIELD TabletのOTA 2.2アップデートでスタンバイ時のバッテリーの持ちが劇的に改善、就寝中はわずか1%しか減らなかったとのテスト結果も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週開始された「SHIELD Tablet」の OTA 2.2 アップデートでスタンバイ時のバッテリーのもちが劇的に改善されたと Reddit ユーザーが報告していました。情報を投稿した方は SHELD Tablet のアップデート前後で夜間にスリープ状態のまま放置させるとどれだけバッテリーの容量が減ってしまうのかをテストしました。条件としては、機内モードを有効にした後で Wi-Fi だけを有効にして、アプリは起動させずにそのまま放置しておくというものです。その結果、アップデート前は 13% ほど減っていたのが、アップデート後はわずか 1% ほどで、バッテリー使用率の画面を見ても「Idle」がほぼ全体を占めていました。確かに、今回のテスト条件では明らかにスタンバイ時のバッテリーの減りは改善されているようでした。しかし、ユーザーによってシステムの状態やネットワークなどの利用環境が異なるので、全ての端末で今回のようにバッテリーの減りが改善されるとは期待しない方がよいでしょう。Source : Reddit


(juggly.cn)記事関連リンク
1ShopMobile.comでXiaomi Redmi 2 の販売が開始
電球ソケットに装着するAndroidプロジェクター「Beam」がKickstarterに登場
Google Nowにルート上のガソリンスタンドをカードで通知する新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP