ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 巨人原監督に投手1点、野手2点の賞金制度を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本球界に燦然と輝く金字塔「400勝」を達成した金田正一氏が宮崎で行なわれている巨人のキャンプを訪問。原辰徳監督に金田氏が今年の投手陣について聞き、仰天の提案をする。

金田:野球の9割は投手力。投手陣はどうじゃ。

原:大シャッフルになる可能性があります。今のところ頭ひとつ抜けているのが、リリーフの山口(鉄也)とマシソン。それ以外は“更地”ですね。紅白戦もオープン戦もありますから、その中でまず先発ローテーションの6人を決めてスタートすることになるでしょう。内海(哲也)も杉内(俊哉)も、ウカウカしていられませんよ。

金田:今の巨人投手陣の中で一番力を持っているのは内海なんだろうが、アイツには「やるんだ」という悲壮感がない。内海に足りないのは勝ち星ではなく、チームリーダーとしての自覚だと思うけどな。

原:内海自身、今年は勝負の年だと思っているだろうし、もしなかなか結果がついて来ないようだと、僕も力のある他の投手を使うと思いますよ。

金田:菅野(智之)に大竹(寛)と巨人の投手陣は名前だけなら揃っているが、今は名前だけで勝てる時代じゃないからな。特に内海はプロ意識が乏しいように見えてならん。

原:金田さんと同じ左投手だからですかね。いつも気にかけていただいてありがたいです。

金田:ワシは国鉄時代、99%は投手が勝敗を握っていると考えてやっとった。それくらいの覚悟が欲しい。

原:金田さんは投げている時、何点取られたら負けだと思っていたんですか?

金田:1点だ。

原:エエッ、1点!? そりゃ大変だ。

金田:そりゃそうさ。3点も取られたら恥ずかしいぞ。投手の力だけで十分だ。捕手は肩が良くて受けてくれりゃそれでいい。リードなんかいらん。ワシが勝つ。

原:そういう考えができるのは、金田さんのような強い投手。ウチの投手陣も、そのくらいの気持ちでやってもらいたいものです。弱い投手ほど、コンビネーションやリードに理由を求めて逃げる。そういうことをいわせないようにします。

 決めた!(と手を打つ) 今度のミーティングで「野手は2点取るから、投手は1点に抑えろ」といいます。これまで僕は「野手は4点取れ、投手は3点で抑えろ」といってきた。でも今年から基準を変えます。投手に「いいかお前ら、ウチの打線は2点は取るから1点で抑えろ」と嫌みっぽくいうようにします(笑い)。

金田:いいじゃないか。

原:初回にいきなり3点取られると「あイタ~」ってなっちゃうなァ(笑い)。

金田:その条件で、(投手と野手で)勝ったほうが賞金が貰えるようにするのはどうだ? 原監督は選手にビジネスを教えてやればいい。約束を守ったほうがいくらという賞金を設定すれば、選手は目の色を変えますよ。内海のように、ただ投げるだけでカネがガバガバ入ってきたら、野球の神様に申し訳が立ちませんよ。

原:今日はずいぶん内海に厳しいですね(笑い)。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大打者・金田正一「今度は打撃論をやろう」と桑田真澄に提案
巨人投手陣の「内海軍団」 成績不振で結束力低下の兆候も
投手陣安定の阪神「肩は消耗品」の中西コーチの手腕も大きい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP