ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中日友好医院 名称から「友好」削除は日中関係変化の表れか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本政府による初めての無償資金協力で設立された中国・北京の「中日友好医院(中日友好病院)」が公式短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で、「今後は特別な場合を除いて、略称の『中日医院』を病院名として使用する」と発表した。病院名から「友好」の文字を削除した理由をめぐり、インターネット上でさまざまな論議を呼んでいる。

 最近の両国関係の悪化から、書き込みは「『友好』の文字はふさわしくない」とか、「いつまでも日本の援助で建てられたと恩着せがましくされるのは、中国人としてのプライドが許さない」というものがほとんどで、習近平指導部の対日姿勢が根っこにありそうだ。

 同病院は病院名を略称に変えた理由について、「上部機関である国家衛生計画出産委員会の指示に基づく」と説明したうえで、「国家関係とは関係がない」とわざわざ両国関係に言及。一部メディアに対して、「業務上の必要性によるもので、正式名称を変えたわけではない」と強調しているが、なぜ、いま「中日友好医院」から「友好」の文字を削除したのかは明確な説明はない。

 今後は同病院も正式な書類のレターヘッドには、これまでの「中日友好医院」が「中日医院」に変わることになる。

  これについて、ネット上では「両国関係はもはや友好的ではなくなったことを示している」とか「政府の対日外交政策に沿った配慮だろう」とか、あるいは「人間で例えれば、いわば『結婚証』を破棄して、離婚することを表している」、「『縁を切る』という行為だ」などと両国間の関係悪化が最大の原因との見方をするものが多い。

 同病院のホームページ(日本語)では、「中日友好病院は日本政府の無償資金援助によって、両国政府が共同に建てられた大規模総合現代化病院である。1984年10月23日開院……(中略)……建築面積は18万平方m、ベッド数は1500。68の臨床、メディカル部門が設置され、中日友好臨床医学研究所と人材育成センターが設置されている」と説明されており、中国でも高い医療技術を誇る有数の病院だ。

 歴史も古く1979年9月、当時の大平正芳首相と谷牧・中国副首相が無償援助協定を締結して以来、初めて適用されたプロジェクト。1984年4月の開院では当時の最高指導者、胡耀邦・中国共産党総書記が病院名を揮毫(きごう)したほどで、両国の友好関係の象徴的な存在だったが、それも単なる微博(ウェイボー)の短文による通知で、名称が変更されてしまうところに、日中関係の変化が如実に表れているといえそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日中両国民 なぜこれほどに肌が合わないのかに迫った本
日中間の不和の理由は「似た者同士との錯覚」があるから
中国にいくらODAでカネ払っても日中関係改善に関係ナシ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP