体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スパイダーマンが映画『アベンジャーズ』に参戦するとどうなるのか?徹底解説

スパイダーマンが映画『アベンジャーズ』に参戦するとどうなるのか?徹底解説

先週、アメコミ映画ファンを騒然とさせた大NEWSについてレポートします!

ズバリ!スパイダーマン、ついに映画『アベンジャーズ』に登場か?

スパイダーマンが、この先アベンジャーズの映画に登場する!ということが明らかになりました!マーベルの正式発表はこちら。まずこの話を初心者の方にもわかるように解説いたします。

スパイダーマンもアベンジャーズも同じマーベル・コミックのキャラクターです。そしてコミックの中では、スパイダーマンがアベンジャーズのメンバーとして活躍したこともあるのです。なので映画のアベンジャーズの方に、スパイダーマンが出てきてもおかしくないのですが、映画の方は、スパイダーマンの映画化権はソニーピクチャーズが持っています。マーベルはその後、独自の映画部門マーベル・スタジオを立ち上げ、ディズニー傘下となります。そして一連のアベンジャーズ系の映画を作るわけです。
なので映画ビジネスにおいては、スパイダーマンとアベンジャーズは別会社のヒーローなのです。

なのですが、ソニーとマーベル(ディズニー)の関係は良好で、何らかの形で両社がコラボするという期待感はありました。マーベル・スタジオのキーマン、ケヴィン・ファイギは「アイアンマンとスパイダーマンの共演は不可能ではない」とコメントしたことがあります。
また噂では、ともに12年に公開された映画『アメイジング・スパイダーマン』と『アベンジャーズ』では、”同じNYの風景”を使おうとしていたらしく、従って『アメイジング・スパイダーマン』の中のNYに”スターク・タワー(=アイアンマンことトニー・スタークのNYのビル)”が、『アベンジャーズ』の中のNYに “オズ・コープ(=すべての元凶の会社ですね)”が出る可能性もあったらしいのです。

この共演は何度かあがっては消えたのですが、ファンの間で俄然注目されたのは、マーベルが2016年5月6日に『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』を公開すると発表したからです。
この『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』は、原作コミックでは、アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立するお話ですが、スパイダーマンがどっちの側につくかが重要なポイントになっているストーリーでもありました。当然、スパイダーマンが出てくれるだろうと。(ここは以前お伝えしたこの記事を参照してください)

とはいえ、これはファンの希望・熱望でした。
しかし、例のソニーピクチャーズのハッカー事件で、ソニーとマーベルが本気でこのプロジェクトを検討していた(!)ことが、世の中に流れてしまいました。そしてこの事件がきっかけで、ソニーピクチャーズの責任者だったエイミー・パスカル女史がプロデューサー(つまり現場)に復帰し、プロデューサーとして動きやすくなった分、マーベル・スタジオのキーマン、ケヴィン・ファイギと話がしやすくなり、スパイダーマンをマーベル映画に出すことが決まったそうです。これはどう”解釈”するかなのですが、
スパイダーマンの映画化権がマーベル(ディズニー)に戻ったということではなく、ソニーのスパイダーマンが、マーベル(ディズニー)の映画にも登場できるようになった
ということです。

そして、2017年7月28日に、ソニー×マーベルによる新『スパイダーマン』映画公開!
プロデューサーは、エイミー・パスカルとケヴィン・ファイギです。

『アメイジング・スパイダーマン3』ではなく、新『スパイダーマン』です。つまり、サム・ライミ×トビー・マグワイアの『スパイダーマン』3部作、マーク・ウェブ×アンドリュー・ガーフィールドの『アメイジング・スパイダーマン』2部作とはことなる、2度目のリブートです。

さらに!
2016年5月6日公開の『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』にスパイダーマンが登場し、このソロ映画につなげるらしいです。(ひょっとすると『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』にもその存在が語られる?)
そして、2018年と19年連続公開の『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』にスパイダーマン参戦でしょう!!

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。