ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早見優 TV番組で英語喋ったら「生意気だ」と電話殺到の過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイドル黄金時代とされる1970~1980年代。帰国子女の元祖バイリンガルアイドルとして人気を博したのが早見優だった。本人が当時を振り返った。現在、TBS系『チューボーですよ!』で早見と同様のハワイ出身タレント・すみれが英語を喋ることについては、「素敵!」と称賛の的となっているようだが、当時の早見に関しては事情が異なったようだ。

 * * *
 デビューした年は、お休みが1日だけだったんです。その日は所属事務所の創立記念日で、11月27日(笑い)。台風が来ていたのに、お友達と一緒に渋谷のゲームセンターでモグラ叩きに夢中になったことを覚えています。
 
 でも、忙しさ以上に記憶に残っているのが、食べる時間がなかったこと。当時はまだテレビ局でお弁当が配られていなくて、コンビニもない時代。短い休憩時間にテレビ局近くのおそば屋さんに行くなんてまれでした。

 そこでマネージャーさんが「取材時間を利用して食事しよう」と思いついて、取材場所に喫茶店を指定するようにしたんです。でも、私は質問に答えなければならないので食べる余裕なんて全くなし。隣でピラフを美味しそうに食べるマネージャーさんが恨めしかった(笑い)。

 元祖バイリンガルアイドルとして英語番組の司会を務めさせていただいた一方で、嫌な思いをしたこともあります。『ザ・ベストテン』に出演した際、黒柳徹子さんから「あなた英語が上手でしょ。ちょっと話してみて」と促されて、ワンフレーズだけしゃべったんです。そしたら翌日、事務所に「生意気だ」なんて電話や手紙がたくさん届きました。

 番組で通訳をやらされることもありました。ある歌番組では、司会の方がイギリスの歌手に向かって、「胸が大きいですね」といったことがあって……悩んだ挙げ句、「とてもスタイルがいいですね」と訳しました。

 同期の82年組はたくさんいましたが、ライバル意識は皆無でした。たとえ、同期の中から新人賞に選ばれても「ふ~ん」と感じるだけ。当時も今も、石川秀美ちゃんとは一番仲がいいんです。

■はやみ・ゆう/1966年9月2日生まれ。日本で生まれ、3~14歳をグアムやハワイで過ごす。1982年『急いで!初恋』で歌手デビュー。代表曲は『夏色のナンシー』など。元祖バイリンガルアイドルとして活躍した。1990年に上智大学卒業。1996年に結婚し、現在は2人の娘の母。2012年にデビュー30周年を迎え、2枚組ベスト盤CDボックス「Thank YU」を発売した。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も
吉野紗香、新田恵利ら13人の元アイドルが芸能界を語った書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。