ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村カエラがライヴ映像作品の期間限定スペシャルミックストレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベストアルバムを含め、昨年のニューリリース作品をギュッと詰め込んだ、まさに木村カエラのこれまでとこれからが詰まったベスト盤ライヴといえる横浜アリーナ2daysの模様が3月4日にDVD、Blu-rayとなって遂にリリースされる。

昨年6月からスタートした10years anniversary!企画としてベストアルバム、オリジナルシングル2作品、オリジナルニューアルバム『MIETA』を連続リリース。そして同じく昨年10月には2万人を動員した10周年記念ライヴ「KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-」を横浜アリーナにて2days、しかも各日をRockin’ZOO(ROCKの日)、Poppin’PARK(POPの日)とわけて合計50曲(二日間で重複しているのは「Butterfly」「TODAY IS A NEW DAY」のわずか2曲のみ!)演奏しファンに届けたカエラ。

初回限定盤はDVD、Blu-rayともに<豪華スケテルパッケージ>仕様。タイダイプリントのクリアパッケージ箱(BOOKケース)にDVDはゴールド、Blu-rayはシルバーの内箱(デジパック)がセットされている。またライヴの模様を写真で追った8Pブックレットも初回限定盤にのみ付属される。

そして2月20日(金)、発売を前に二日間のライヴの模様がスペシャルミックストレーラーとしてオフィシャルYouTubeにアップされた。カエラらしいカラフルなタイダイの衣装をまとい、2万人に向けてパワーが放たれている。ステージの両端に設置された全高8メートルのカエラのおかっぱオブジェ。LEDでつくられた顔は楽曲ごとに様々な表情をみせる。観ればとにかくテンションがあがる、このスペシャルミックストレーラーは期間限定。3月4日のリリースまでリピートして、全編を観る事が出来る日を心待ちにしよう!

初回限定盤・通常盤ともに副音声には、カエラとバンドメンバー5人が二日間のライヴ映像を観ながら新年会と称して宴会を繰り広げている模様を収録。二日間、5時間近くのライヴ映像を一日で振り返り、話が盛り上がるにつれライヴの裏側だけでなく10年間の裏側までのぞけてしまう……確実に封印ネタでは? と思われる爆笑必至のトークが炸裂している。副音声のタイトルは「カエラとバンドメンバーによるオーディオコメンタリー(新年会♡)」。「新年会♡」の部分がその楽しすぎてしまった副音声収録の模様をあらわしているようだ。

加えてボーナス映像には、これまでカエラのMVを手がけてきた監督たちによるライヴの為に作成されたプロジェクション映像を「Director’s special projection videos」として12曲分収録。改めて作りこまれたカエラのステージを別角度で堪能できるボーナス映像になっている。

ライヴ映像から副音声、ボーナス映像まで、横浜アリーナのその場にいたファンは勿論、この10年間でカエラと時間を共有したすべての人にとって保存版、プレミア感あふれるものになっていることは間違いない。

3月6日(金)からは赤坂BLITZを皮切りに、先日発表されたデビュー記念日6月23日(火)に行われるなんとキャパ250人の下北沢シェルターまで全国17都市22公演、カエラにとっては5年ぶりとなるライヴハウスツアー「MITAI KIKITAI UTAITAI」がスタートする。横浜アリーナとは対照的に、ライヴハウスはまさに超接近戦。手が触れるほどの近さでカエラから放出されるパワーを感じてほしい。

『GO!GO! KAELAND 2014 MIX TRAILER』トレーラー映像
http://youtu.be/uXZvXGpZ9Bo

DVD&Blu-ray『KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』
2015年3月04日発売
【DVD初回限定盤】(4枚組)
VIBL-751~754/¥8,333+税
【DVD通常盤】(4枚組)
VIBL-755~758/¥7,870+税
【Blu-ray初回限定盤】(2枚組)
VIXL-140~141/¥9,259+税
【Blu-ray通常盤】(2枚組)
VIXL-143~144/¥8,796+税
※初回限定盤のみ(DVD、Blu-rayともに)・・・「豪華スケテルパッケージ」仕様+8Pブックレット

<収録内容>
※DVD及びBlu-ray初回限定盤、通常盤収録内容共通
・副音声/<カエラとバンドメンバーによるオーディオコメンタリー(新年会♡)>
・ボーナス映像/
(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
木村カエラ オフィシャルHP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP