体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『幕が上がる』は単なるももクロのアイドル映画ではない。これは社畜のための青春映画だ

エンタメ
『幕が上がる』は単なるももクロのアイドル映画ではない。これは社畜のための青春映画だ

“正直、スマン。”と言いたい気持ちでいっぱいだった。映画『幕が上がる』試写会を終えた感想だ。
上映直後、恥ずかしながら、31歳のももクロファンでもない広告系ハードワーカー男子が、目と鼻から絞りとれる限りの液体を垂れ流していた。

「ももいろクローバーZ」の5人が主演の、高校演劇を舞台にした青春映画。監督は『踊る大捜査線』の本広克行。上映前の予備情報として、ここまで聞いたところ、全盛期フジテレビが量産していた通称「世界の亀山モデル」((C)宇多丸師匠)的な、アイドルのプロモーションムービーくらいにしか思っていなかった。原作に演劇界の巨匠・平田オリザや、脚本に『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平の名前を見つけても、その甘い見積もりは覆らなかった。
先日のコラムでも話題になったプロレスラー天龍源一郎のクレジットをみて、少しだけテンションがあがるくらいだった。

しかし、映画の幕が上がってすぐに、ぼくのその薄っぺらな色眼鏡のレンズはたたき割られることになる。その理由は、端的に言うと、ももクロの5人の演技がうまいのだ。
「うまい」という言葉は正確ではないかもしれない。もちろん、やりすぎだと思う部分、不自然だと思う部分があるのは否めない。しかし、そんな小さな傷など打ち消してしまうほどに、ももクロの5人はスクリーンのなかで、イキイキと生きている。それぞれが演じる5人の女子高生の人生を存分に生きている。それがもう、眩しい。
見ているだけで、彼女らの喜び、悔しさを強制的に共有させられてしまうほどの破壊力である。

この映画に取り組む前に、ももクロの5人は演技を学ぶために数回に渡って平田オリザの演劇ワークショップに通ったのだという。
指導した平田オリザは語る。「おそらく、この作品を観た多くの観客の皆さんは、ももクロメンバーの”演技力”に驚くことでしょう。彼女たちは、このひと夏で、役者として驚異的な成長を遂げました。進化するアイドルとして走り続けてきたももいろクローバーZが、もう一つ新しいステップに踏み込むことができたのではないかと思います」。

そして指導を受けたももクロのリーダーであり、本作品の主演で演劇部の部長兼演出家を務める百田はこう語る。
「オリザさんが教えてくれたのはお芝居の根本の部分。台本をもってここのセリフをこうしろじゃない。お芝居とはなんなのか、そこから教えてくれました!
お芝居はこうでなくちゃダメとかない。アイドルがこうでなくちゃってのもない。その時、ジャンルを通り越してなにか新しいものが作れる気がしました!」

このコメントのやりとりからも伝わるとおり、平田オリザはももクロがライブで発揮する潜在的な爆発力を最大限、演技という競技のなかで発揮させるきっかけを作ったのだろう。
ももクロ主演の青春映画、ありがちな作品に終わりかねないギャンブルに、監督の本広、原作の平田オリザをはじめとした制作陣は見事な勝利をおさめたといえる。

物語はシンプルで、高校演劇に取り組む弱小の演劇部がふとしたことで変わっていくひと夏を描いた、ど真ん中どストレートな青春アイドル映画だ。
その一瞬しかない10代のある夏に全力で取り組み、笑い、泣く少女たちの姿は、かつての国民的バスケ漫画で主人公が監督に投げかけた「おやじの栄光時代はいつだよ?おれは今なんだよ!!」という台詞を彷彿とさせる。
その夏があったことで、将来が大きく変わることはない。しかし、その夏があったことで人生との向き合い方が決定的に変わる。少なくともそう錯覚できる夏について描かれた名作がまた一つ生まれたのだ。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会