ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

字幕翻訳家が語る映画の舞台裏「ハリソン・フォードはただの青年」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜午後の番組「ATELIER NOVA」(ナビゲーター:クリス智子)。2月21日のオンエアでは、字幕翻訳家の戸田奈津子さんがゲストに登場します。

アカデミー賞直前ということで、「映画館に行こう!」というテーマでお送りする今回のオンエア。
ゲストの戸田奈津子さんは『スターウォーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
『007』『タイタニック』『アバター』『ハリーポッター』など、誰もが知る数々の
大ヒット映画の字幕翻訳を手掛けてきました。

オンエアでは、戸田さんがプロの字幕翻訳家になるまで「20年待った」という話から、
俳優・ハリソン・フォードは、「銀座を一緒に歩いても誰も振り向かなかった」
「ただの青年」と話す当時の貴重なエピソードなどが盛りだくさん。

後半では、字幕翻訳の世界の過去と現在、そしてその舞台裏を聞いていきます。
歯に衣着せぬ物言いの戸田さんの軽快なトークも聞きどころですよ。

「(映画を)観終わったあとに、字なんて読んだことを忘れさせるような字幕。
あたかも画面の人たちが自分の分かる言葉を喋ってたって、錯覚するような字幕。
それが良い字幕ですよ」と話す戸田さんの仕事に対する熱い想いも必聴です。
映画好きの方はもちろん、そうでない方でも、何気なく観ている映画の字幕が
どのように作られているのかが分かる貴重なオンエア。どうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「ATELIER NOVA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/atelier/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP