体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VAMPS主宰【VAMPARK FEST】に豪華アーティスト集結、2日間のフィナーレにHYDE「ちょっと泣きそう」

VAMPS主宰【VAMPARK FEST】に豪華アーティスト集結、2日間のフィナーレにHYDE「ちょっと泣きそう」

 VAMPS主宰のロックフェス【VAMPARK FEST】が2月18日~19日(水)の2日間にわたって東京・日本武道館で開催。国内外のロックシーンを代表するアーティストが熱演を繰り広げた。

 “FEST”と銘打ったイベントとあってアリーナ席に椅子は用意されず、ブロック指定のスタンディング。開催前のインタビューでもHYDEが語っていたように“攻撃的”なラインナップが集まった同イベント。アーティストの出演前の紹介映像には「ROUND~」と表示され、ゴングが鳴らされる。戦う気満々のVAMPSの姿勢に会場の興奮が高まる。

 18日のトップバッターはテキサス出身のバンド、NOTHING MOREが務める。インダストリアル・ロックを独自に突き詰めたラウドなサウンドにハイトーンヴォーカルを突き刺す。昨年6月に国内盤が発売されたアルバム『NOTHING MORE』の楽曲を中心に6曲を披露。ステージ中央に設置されたタムをヴォーカルが叩きまくったり、逆さづりにしたベースを3人で奏でたりと、予想外のパフォーマンスで観客を圧倒。

 次に登場したのは、日本のロックバンド[Alexandros]。会場から黄色い歓声が響く中「Simulator」から始まり、「Waitress, Wateress!」、「Kick & Spin」などアップテンポな楽曲を一気に3曲演奏。今回VAMPSから声がかかったことについて川上洋平(Vo.Gt)は「ちょっとは気に入ってもらえてると、勘違いしております!」と話し会場の笑いを誘った。名前繋がりで「VAMPSの2人にこの曲を捧げます」と、3月18日にリリースする新曲「Dracula La」を披露。同じく新曲の「ワタリドリ」をに、爽やかにプレイし、自身のステージを締めくくった。

 続いては、元マイ・ケミカル・ロマンスのヴォーカリストのジェラルド・ウェイ。「武道館に来るのは何年か前にマイケミで来て以来かな、とても好きな場所だよ。」と、語る彼の来日は実に4年ぶり。「Action Cat」、「No Shows」、「Millions」など、昨年9月にリリースしたソロ・アルバム『Hesitant Alien』の楽曲を中心に披露。ラストはジーザス&メリーチェインの「SHAKED RIVER」をカバー。合計11曲を披露し、カリスマの風格を見せつけた。

 初日の“Final Round”、立ちこめるスモークの演出と共にお待ちかねのVAMPSが登場。HYDE(Vo,Gt)が、VAMPSロゴの旗が付いたマイクスタンドを肩に掲げて登場し、1曲目「Revolition?」のスタートと共に早くも「Bang on, stomp everybody!」のかけ声と共に踊り狂う会場。続けて「LIPS」、「Trouble」、「Evil」など激しい楽曲をノンストップで披露。ステージ横のモニターに真っ赤な棺の映像が映し出され、「Vampire’s love」へ。セットリストに激しく緩急がつけられ、ミュージックビデオの世界へ会場を引き込む。続けて美しい照明と共に「Zero」を披露。クールダウンしたかに思えた会場だったが、「Ahead」、「Bloodsuckers」、「Devil Side」と、おなじみのキラーチューンを炸裂させ、本編は終了。

 アンコールを受けステージに戻ってきたVAMPS。「寒い中よく来てくれたね。かなりの情熱を感じる。」と、hydeが観客への感謝の気持ちを伝え、今回のフェスについて、「やって良かった。なにが良かったって、ドタキャンされなくて良かった(笑)」と語り、安堵の表情を見せるとフロアが沸き、歓声が贈られる。ラストにはトップバッターを務めたNOTHING MOREを再びステージに呼び「Sex Blood Rockn’ Roll」でコラボレーション。ここでしか見ることのできないパフォーマンスにファンならずとも大興奮の夜となった。

 19日に行われた2日目のトップバッターは、Buck Cherry。その攻撃的な演奏で序盤から会場のテンションは上がりっ放し。「Lit up」、「Broken glass」、「All night long」など毒々しいロックナンバーを立て続けに披露。“武道館クラスのステージは余裕”といった雰囲気で見度とにオーディエンスをを引き込んでいく。「Say Fuck it」のイントロが始まると、フロアからは大歓声。ジョッシュ・トッド(Vo)の掛け声で会場をヒートアップさせてくれた。

 続いて登場したのは、元黒夢の清春(Vo)率いるロックバンド、sads。「あんまりフェスとか出ないんだけど、出たときにはぶち壊して帰るか、顰蹙買うか、それに命かけてます。でも今日はちゃんとやりますんで。」と語る清春。衰えないカリスマ性を健在に発揮し、「See a pink thin Cellopane」、「GOTHIC CIRCUS」、「WASTED」など【VAMPARK FEST】仕様に仕上げてきた超攻撃的なセットリストでオーディエンスを踊らせ、魅了し、ステージを後にした。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。