ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来場者数20万人突破! チームラボと日本科学未来館の大型企画展

DATE:
  • ガジェット通信を≫


チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
日本科学未来館で2014年11月29日より開催中の「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」の来場者数が、今年2月16日に20万人を突破した。

本企画展は、猪子寿之さんが率いるウルトラテクノロジスト/アーティスト集団・チームラボと日本テレビ放送網、BS日テレ、日本科学未来館が主催する大型企画展。チームラボのデジタルアートと「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」を一度に体験することができる。

Floating Flower Garden(仮) / Floating Flower Garden(Provisinal)

当初は3月1日までの会期だったが、今回の大反響を受けて、3月7日(土)から5月10日(日)までを後期として会期延長することが決定。

本展は、開幕から約1ヶ月間で10万人を超える来場者を記録しており、その盛り上がりの高さがうかがえる。3月7日(土)からは、新作「Floating Flower Garden(仮)」も発表されるとのことだ。

チームラボのこれまでの作品と「学ぶ!未来の遊園地」プロジェクトを1度に体験できる

「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」は、世界各地の美術展などで話題となり、この夏にはニューヨークの著名ギャラリーで高い評価を得たチームラボの「デジタルアート」と、全国各地で子どもたちを楽しませ、発展を続ける「学ぶ!未来の遊園地」プロジェクトの作品が日本科学未来館に集結。

国内で大型展示の機会が少ないチームラボにとって、これまでにない規模の展示となっているほか、アートと遊園地の新旧作品を体系的に紹介する本展は、チームラボの魅力と全貌に触れる貴重な機会といえる。

会場には、チームラボを代表するアート作品、遊園地作品それぞれに新作を含む合計14点が、想像を超えるスケールやサイズで展示され、新鮮で驚きのあふれる体験を提供。また、最先端の技術を操り、世界を魅了する「チーム=人」と「ラボ=実験研究所」の裏側も紹介し、チームラボのクリエーションの秘密にも迫っている。

教育、先端技術、ビジネス、広告、ファッションといった業界や、大人や子供といった年齢すらもフラットに楽しめ、アート、テクノロジー、遊び、学びを越境した本展は是非ともチェックしておきたい。

引用元

来場者数20万人突破! チームラボと日本科学未来館の大型企画展

関連記事

チームラボ、グッチ新宿にて新作デジタルインスタレーションを発表
チームラボ、国内初の大規模個展! 佐賀県を巡り巡って廻る
チームラボが香港に作品出展──100個以上の浮遊する球体とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP