ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やきとりが名物になっている全国7都市 自慢の味を一堂に集めた店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月6日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)では「女子3人が1万円で大満喫、週末女子会」と題して、モデルのソンイさんと高田秋さん、青山あみさんが「全や連総本店 東京」(東京都千代田区)を訪れた。

 全や連とは「全国やきとり連絡協議会」の略称で、同店ではやきとりが名物になっている全国7都市の味を楽しむことができる。3人は店長のおすすめ「ご当地食べ比べセット(7本盛り)」のほか「つくね対決(3種盛り)」や「北海道名物カレーらーめん」を注文した。

 レバーやハツなどさまざまな鶏の内臓を1本の串で焼いた北海道美唄市の名物「もつ串」を食べた青山さんは「濃厚! 肝が。臭みがないし、独自の鶏の新鮮さが伝わった」とコメント。卵の黄身をからめて食する愛媛県今治市の名物「つっきね(月見つくね)」を食べたソンイさんは「卵が合う! つくねと。見た目、男飯っぽいと思ったけど、鶏肉だからさっぱりしている」と評した。

■話題のお店に追加取材■
「全や連総本店 東京」のコンセプトは「日本初のやきとりテイスティングパーク」。北海道室蘭市の「一平」や埼玉県東松山市の「やきとりひびき」、愛媛県今治市の「まる屋」など、やきとりが名物とされている土地から集結した有名店が、それぞれの個性や特長を生かしたメニューを提供している。

店によって異なる味付けや肉の種類も楽しみのひとつ。例えば「やきとりひびき」で出しているやきトンは、炭火でじっくり焼いた埼玉県産の黒豚 を、白みそをベースにニンニクやトウガラシなど10種類以上の香辛料をブレンドしたみそだれにつけて食べる。ほかにもガーリックパウダーを使った山口県のやきとりや、臭みがなく軟らかな歯応えでおいしい福島県名産の鶏肉を使ったスタンダードなやきとりなど、さまざまなものが味わえるのだ。

「全国やきとり連絡協議会が発足した時に『いろいろな土地のやきとりが食べられる店があったら楽しいよね』といった話が出たのが、当店ができたきっかけです。もう10年ほど前から企画していたんですよ」と話してくれたのは広報の佐山さん。「お店の造りから、女性からも人気があるお店なんです。天井が高く、広々としており、開放感があるのでにおいも気にならないですからね」

 やきとりのほかにも、ご当地グルメや地酒も扱っている。その土地ならではのメニューを食べたいならぜひ足を運んでみよう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:全や連総本店 東京 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大手町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:大手町×居酒屋のお店一覧
赤身肉にこだわる焼肉店 イチオシメニューは「黒毛和牛特選コース」
ハライチ澤部も驚く! オリジナルの「しゃぶしゃぶ」で熟成肉を味わう

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP