ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラー、待望の最新アルバムを4月29日に発売&iTunes予約注文スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラーが前作『シンク・タンク』より12年振り、オリジナルの4人編成でのレコーディングとしては1999年に発表した『13』より実に16年振りとなる最新作、『ザ・マジック・ウィップ(原題: The Magic Whip)』を4月に発表する事を明らかにした。

『ザ・マジック・ウィップ』は、本国UKでの発売は4月27日となり、日本盤の発売は4月29日を予定。デジタル配信、CDに加え、2枚組のアナログ盤でのリリースが決定している。

また、2月19日夜23:30(日本時間)よりiTunes Storeでの予約注文(プレオーダー)もスタートしており、予約注文をした方はその場でアルバム発売の情報解禁と共に公開されたバンドの最新楽曲「ゴー・アウト」をダウンロードできるようになる。

今作は、2013年の春のツアーの合間となった5日間の休日を使って、香港の九龍にあるAvon Studiosでレコーディングされた音源が元になっているのだという。その後、ここでレコーディングした音源はしばらく眠りにつく事となり、彼らはまずブラーとしての長きにわたる再結成ツアーを終了させ、メンバーそれぞれが別のプロジェクトで活動していく。

そして2014年11月、グレアム・コクソンがその時のレコーディング音源と再び向き合い、ブラーの初期のプロデューサーでもあるスティーヴン・ストリートと連絡を取ったことがきっかけとなり、彼と共にバンドメンバーが集結、香港でレコーディングされた音源に取り組んでいったのだという。その後、デーモン・アルバーンがその楽曲達に歌詞を付け加え、12曲からなる最新作『ザ・マジック・ウィップ』を完成させたのだ。

今までハイド・パークで4度のショウを行った唯一のアーティストでもあるブラーは、アルバム発売の情報と共に、Barclaycard presents British Summer Time Hyde Parkの一環として、今年の6月20日(土)に再びロンドンのハイド・パークにてヘッドラインショウを開催することも明らかにしている。このハイド・パークでのライヴのチケットは2月27日(金)UK時間AM 9:00より販売開始となる。

また、今回のブラーの最新作発表という衝撃的なニュースは、2月19日のUK時間14:00(日本時間で同日23:00)よりロンドンのチャイナタウンにあるチャイニーズレストランで行われた記者会見で正式に発表となった。Facebookページに寄せられたファンからの質問や、その場に集まったメディア関係者からの質問に答える形で進んでいき、バンドに加えてプロデューサーのスティーヴン・ストリートも同席しての会見となったのだが、この記者会見の模様は彼らのオフィシャルFacebookページでストリーミング生放送されており、世界中のファンやメディアがこの会見に熱い注目を送っていた。

なお、この最新作『ザ・マジック・ウィップ』の日本盤に関する詳細は、後日ワーナーミュージック・ジャパンオフィシャルサイトにて公開されるので、バンドのオフィシャルHP同様、こちらも是非チェックしていただきたい。

■『ザ・マジック・ウィップ』
iTunes Store予約注文
https://itunes.apple.com/jp/album/the-magic-whip/id966980339
■ハイド・パー公演に関する詳細
http://www.bst-hydepark.com

アルバム『ザ・マジック・ウィップ』
2015年4月29日発売
※収録される楽曲は下記の12曲。日本盤には、ボーナストラックが1曲追加収録される予定となっている。
<収録曲>
Lonesome Street / ロンサム・ストリート
New World Towers / ニュー・ワールド・タワーズ
Go Out / ゴー・アウト
Ice Cream Man / アイスクリーム・マン
Thought I Was A Spaceman / ソート・アイ・ワズ・ア・スペースマン
I Broadcast / アイ・ブロードキャスト
My Terracotta Heart / マイ・テラコッタ・ハート
There are Too Many of Us / ゼア・アー・トゥー・メニー・オブ・アス
Ghost Ship / ゴースト・シップ
Phyongyang / ピョンヤン
Ong Ong / オン・オン
Mirror Ball / ミラー・ボール

「ゴー・アウト」MV
https://www.youtube.com/watch?v=Sp1ks7PTzng

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ブラー オフィシャルHP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP