ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太りにくい体を作る食事法「最初に5分かけて野菜を食べる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 肥満はなんといっても食事がいちばんの原因だ。太らないような食事を心がけることが、健康な体を保つには何よりも重要。そこで、内科医で認定産業医の桐村里紗さんが、太りにくい体を作るための食事方法を教えてくれた。

 * * *
 インスタントや加工食品は手軽で便利ですが、そればかりでは ビタミンやミネラルが不足します。忙しくて作る時間がないという人は、せめて野菜をトッピングしてください。食事の最初に、野菜を5分かけて食べ、その後 におかずやご飯をよく噛んで食べる。これだけで、太りにくい体になりますよ。

 年齢とともに、腸内に悪玉菌が増えてきます。腸内環境が悪化すると血液環境も悪くなり、老化や肥満を招きます。発酵食品や生野菜を食べて、酵素や善玉菌を積極的に摂りましょう。

 また、体がサビると代謝が落ちて太りやすくなるので、ビタミンC・E、カロテンやポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることも美しい体作りには必要。

 体は毎日摂る食べ物と水でできています。質のよい食べ物で、上質な体を作りましょう。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果
藤田紀子さんの太らぬ食ルール「野菜たくさん」「糖質我慢」
おかゆダイエットなぜやせるか 効果や原理について医師が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP