ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高木守道 V10阻止した翌日、引退する長嶋にかけた謝罪電話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売巨人軍の日本一10連覇は、堅守と俊足巧打を誇るトップバッター・高木守道氏が牽引する中日ドラゴンズに阻まれた。中日にとっては20年ぶりのリーグ優勝だったが、同日、長嶋茂雄氏が引退表明し、球界を揺るがす大事件となった。1974年10月14日、長嶋氏の引退試合にまつわる思い出を、高木氏が語った。

 * * *
 優勝翌日の新聞の一面には、中日の優勝ではなく、「長嶋引退」の文字が大きく躍りました。そして巨人―中日の最終戦が、長嶋さんの引退試合となった。

 ペナントレース上は消化試合ですから、本来なら控えが出場する。でも引退試合にそれは失礼です。だから僕は中日の主力選手勢揃いで、真っ向勝負するつもりでした。

 ところが、10月13日に予定されていた最終戦は雨で中止となり、14日に順延された。間が悪いことに、この日は中日が名古屋で優勝パレードをすることになっていたんです。

 交通規制もあって予定は動かせないし、主力選手がいないパレードでは名古屋のファンが納得しない。結局、主力選手と与那嶺監督は優勝パレードへ参加、引退試合には残った若手選手と近藤貞夫ヘッドコーチが監督代行で臨むことになったんです。

 他の誰でもない長嶋さんの引退です。僕も、打倒巨人に燃えていた星野仙一もその最後の姿を見届けたかった。

 それでも球団行事はどうにもならず、長嶋さんには「出場できなくて申し訳ありません」と謝りの電話を入れました。長嶋さんは「ありがとう、ありがとう」と、あのカン高い調子で話してくれました。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄氏 名古屋出身の巨人ファンに「ドラ応援しなきゃ」
高木守道氏 「僕は元々巨人ファン。そういう時代だった」
落合博満氏が球界のタブーである長嶋茂雄氏に立ち向かった日

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP