ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソニー成長戦略の中心に映画、音楽、ゲームを位置づけ、米業界紙は好意的な反応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソニー成長戦略の中心に映画、音楽、ゲームを位置づけ、米業界紙は好意的な反応

昨日(1月19日)、ラジオ業界誌ヒッツは「平井はソニーにとって音楽が利益を生む主要な部門だと見据えている」との見出しで、18日に東京で行われたソニーの中期経営計画で、「デバイス」、「ゲーム」、「映画」、「音楽」が重点分野に位置付けるとの発表に好感した。また映画業界誌ハリウッド・レポーターも、「ソニーは成長戦略の中心に映画、音楽、ゲームを位置づけた」と報じた。アメリカの業界誌は発表を好意的に捉えている。

アメリカの音楽業界は、落ち込んでいる実物のCD販売や、落ち込み始めたデジタル・ダウンロード売り上げ、急速に伸び続けているストリーミングからの売り上げで、新しいビジネス・モデルが求められている。実売調査会社ニールセン・ミュージック(サウンドスキャン)によると2014年のレコード会社の市場占有率は以下の様になっている。カッコ内は2013年。

1位 ユニバーサルミュージック 38.7%(38.8%)
2位 ソニーミュージック 28.5%(29.6%)
3位 ワーナーミュージック 18.8%(18.7%)
4位 インディーズのトータル 13.1%(12.4%)

ユニバーサルミュージックがトップだが、ユニバーサルの場合、自社の原盤に加え他社の原盤の売り上げが大きい。日本で言う営業の受託(相手先からすると営業の委託)だ。テイラー・スウィフトがいるビッグ・マシーン・レコードやリル・ウェインやドレイクがいるキャッシュ・マネー・レコードがそうだ。売り上げは大きいが利益は少ない。

また正式な市場占有率の発表がない音楽出版業界だが、ソニー傘下のソニー/ATV音楽出版は、ユニバーサルミュージックの音楽出版部門やワーナーミュージックの音楽出版部門のワーナー/チャペルを押さえてトップだ。

今年(2015年)のアメリカの音楽業界はどう変化するのだろう。ところでニューヨーク証券取引所の米ソニーの株価(ADR)は、平井社長が就任直後9ドル台まで落ち込んだが、直近では約2.7倍の27ドル台まで上昇している。アメリカの投資家はソニーのハードかソフトか、どちらを評価しているのだろうか。

下の写真はグラミー賞後のパーティーで(業界誌ヒッツより)
左からソニーミュージック会長兼最高経営責任者のダグ・モリス、ソニー/ATV会長兼最高経営責任者のマーティー・バンディアー、平井社長、平井夫人、弁護士アレン・グラブマン、グラブマン夫人。平井夫人の公式写真は極めて珍しい。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。