ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都発、新たな一大プロジェクト〈京音-KYOTO-〉が無料ライヴ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都から音楽を発信する新しいプロジェクト〈京音-KYOTO-〉がスタート、4月22日(水)に第1弾無料ライヴを開催することが決定した。

この春、京都から新たな音楽を発信するべく、京都のレーベル、bud music、Second Royal Records、ライヴ・ハウス、KYOTO MUSE、Live House nano、METRO、エフエム京都α-STATION、TSUTAYAがタッグを組み〈京音(きょうと)-KYOTO-〉プロジェクトをスタートさせる。

まずはその第1弾企画が4月22日(水)に〈京音(きょうと)-KYOTO- vol.1〉と題して、昨年クリスマスイヴに待望の1stフル・アルバム『Somehow, Somewhere』をリリースしたHomecomings、大阪・堺で結成されたDENIMSら関西で活躍するアーティストに焦点を当てた無料ライヴ・イベントをMETROで開催する事が決定。今後は8月、12月にもLive House nano、KYOTO MUSEでそれぞれ開催し、出演アーティストの一般募集、音源のリリース、TSUTAYA店頭での展開など、イベントにあわせて様々な企画が実地されて行く予定とのこと。詳しくはオフィシャルHPまで。美大やカルチャーとの結びつきが深い京都の音楽シーンを関東方面からもチェックしておこう。(岡本貴之)

・京音-KYOTO-公式ウェブサイト 
http://www.ky-o-to.com/

〈京音 -KYOTO- vol.1〉
2015年4月22日(水)KYOTO METRO
open 18:30 / start 19:00
入場無料(事前申し込み制)
※ご入場の際、別途ドリンク代500円が必要となります。
出演:Homecomings / DENIMS / she said / Seuss

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP