ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボスニア・ヘルツェゴビナの窮地を救ったオシム氏を追った本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『オシム 終わりなき闘い』木村元彦/NHK出版/1500円+税

 旧ユーゴの崩壊後、内戦を経て独立国となったボスニア・ヘルツェゴビナ。しかし紛争を経験した世代に比べ〈若い世代のほうは幼いころから接点がなくむしろ偏狭なナショナリストになって〉おり、サッカー界の内紛も絶えず、ついにFIFAは同国の加盟資格を剥奪。

 その窮地を救ったのが、元ユーゴ代表監督で日本代表監督も務めたオシムだった──。オシムほか関係者へのインタビューと綿密な取材を通し、同国初のW杯出場への軌跡を追う。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山本浩二氏 WBC監督就任の陰に読売グループとの浅からぬ縁
落合氏がWBC監督に野村克也氏を推す背景に野球界特有の論理
アギーレ更迭なら ザック、元鹿島オリヴェイラが後任有力か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP