ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

交際7年のカップル 結婚を決断した過酷な状況と母への感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長い付き合いなのに、なかなか結婚しないカップルが、突然の結婚を決意しました。一体何があったのでしょうか。人とのつながりの大切さを知れるエピソードを32才の主婦・Aさんが語ります。

 * * *
 母ががんになり、余命半年の宣告が下されました。背中が痛いとは言っていましたが、母はまだ50代でしたし、家事などを普通にこなせていたので、信じられませんでした。

 少しでも希望を持ちたくて、セカンドオピニオン、サードオピニオンを受けました。しかし、結果は同じ。次第に体は弱っていき、ついに、ひとりで歩けなくなり、入院することになってしまったんです。

 ある時、げっそりと痩せてしまった母が私に、「あなたの花嫁姿を見たい」と言いました。実は私には7年つきあっている彼がいたのですが、結婚はまだ考えていないと言われ、それ以来、私も家族もその話題には触れないようにしていたのです。

 嘘で構わないからと、彼とウエディングフォトを撮って、初めて3人でご飯を食べました。でも、そのことを知らない母は彼の手を強く握り、「娘をお願いします」と深く頭を下げ、涙しました。気まずくなった私たちはその夜、ずっと無言でした。

「今日はごめんね」

 別れ際、私がそう言うと、彼はいつになく真面目な表情で言いました。  「おれのほうこそ…。なあ、こんな時に言うのがいいとは思わないけど、もしよかったら、本当に結婚しないか」

 突然のプロポーズ。でも、私の心は決まっていました。そして、1か月後――身内だけで結婚式を挙げることになりました。特別に外出許可をもらった母は、つらい表情も見せず、車椅子で最後まで参加してくれました。ペンが握れなくなってしまった母に代わって、父が代筆し、読んでくれた手紙。

 そこには、病気で迷惑をかけたことの謝罪や、結婚式に参加できた喜び、そして体に気をつけてふたりで末永く幸せになってほしい、そして孫を見るまで生きていたいと書かれていました。父は読みながら泣いていて、私も涙が止まりませんでした。

 母が息を引き取ったのは結婚式の1か月後のことでした。「もっと早くおれが決めていれば、孫を見せられたのに…」と彼は後悔していましたが、母のために結婚を決めてくれた彼には感謝しています。そして、この幸せはほかならぬ母が導いてくれたもの。お腹に宿った赤ちゃんを大切にして、生まれたらすぐに母のお墓に見せに行こうと思います。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
桜木紫乃新作は流れるままに生きた女性の人生描く9つの物語
佐世保同級生殺害少女 「猫より人間殺すのが楽しい」のメモ
別居報道の及川光博 『相棒』降板に「やっぱり…」の声も出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP