ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「体内時計がずれると太りやすくなる」休日でも早起きが重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中には太りやすい人、そうではない人がいるが、太りやすい人は、生活リズムが不規則になっていることが多いという。管理栄養士として美と健康のアドバイスを行う、『All About』ガイドで女子栄養大学助教の浅尾貴子さんが、生活リズムの重要性を説明する。

 * * *
 人の体にはリズムがあるので、規則正しい生活はダイエットの重要なポイント。朝10時から16時の間は代謝がよく、食べても比較的太りにくいのですが、深夜2時になると、体脂肪生成ホルモンの分泌がピークを迎えるため、夜中の食事は太りやすくなります。

 ところが、不規則な生活を続けていると体内時計がずれ、本来は太りにくいはずの時間が、最も太りやすい時間になっているという人も。体内時計を元に戻すには、朝日を浴びて朝食を食べること。休日は寝だめしたいという人も、一度起きて食事をし、再び寝たほうが太りにくいのです。

 また『これだけでOK』というスーパーフードはありません。体によくても過剰摂取はNGですし、食べてはいけない食べ物もありません。量をわきまえ、バランスよく多品目を食べましょう。

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
睡眠不足はダイエットの敵 不規則な生活でも太りやすくなる
「同じカロリーでも早食いは太りやすい」は事実との調査結果
パイロット、CAを60才まで続けた人の平均寿命は短くなる傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP