ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シンディ・ローパー、リンダ・ペリーらが【ソングライターの殿堂】入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シンディ・ローパー、トビー・キース、故ジェリー・ガルシアらが、6月18日に【ソングライターの殿堂】入りを果たすことが明らかになった。

 同団体は2月18日、リンダ・ペリー、カントリー・ミュージック・ソングライターのボビー・ブラドック、「フーチー・クーチー・マン」の作者であるウィリー・ディクスンの殿堂入りも合わせて発表した。ガルシアと作詞家のロバート・ハンターは、グレイトフル・デッドでのソングライティングによりデュオとして殿堂入りする。

 ペリーは、クリスティーナ・アギレラのヒット曲「ビューティフル」等をはじめ、ピンクやアリシア・キーズなどへ楽曲を提供している。

 同殿堂入りの理事長でありCEOのリンダ・モーランは、「我々の2015年の殿堂入りラインナップは、60年以上にわたり世界を魅了してきたアメリカの音楽スタイルが、ロック、カントリー、ブルース、ポップと多様性に富んでいることを表わしています。これらの輝かしい音楽クリエイター達はそれぞれ、時代を超えて誰もが知る名曲の数々を書いてきました」と話している。

 【第46回 インダクション・アンド・アワード・ディナー】は、ニューヨーク市のマリオット・マーキスで開催予定。ガルシアとディクスンは没後の殿堂入りとなる。

 なお、今年の就任式ではトム・ペティ、ヴィンス・ギル、エルヴィス・コステロ、ケネス“ベイビーフェイス”エドモンズなどが登場する予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

グラミー無双のサム・スミス、即完のプレミアム・ショウケースを開催「また5月に戻ってくるよ!次はフルバンドでね。」追加公演も決定!
話題の多国籍バンド、オール・ウィー・アーがデビューAL全曲試聴スタート
OK Go 紙吹雪、Q&Aコーナー、歌舞伎モノマネも?待望のジャパン・ツアーがスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP