ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たい平、木久蔵らが堪能! 安政3年から続く老舗の磨き抜かれた十割そば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月8日放送の「ドラGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)では「東海道麺巡りドライブ」と題し、落語家の林家たい平さんと林家木久蔵さん、ファッションモデルの土屋巴瑞季さんが「立会川 吉田家」(東京都品川区)を訪れた。

 同店は安政3年に創業し、大正時代の風景画にも描かれている老舗だ。自慢のそばは十割そば。契約農家から仕入れたそば粉を熟練の技で打ち上げる。客の入りに合わせて打つので、いつでも打ちたてを味わうことができる。

 「もりそば」(900円 税込み)を食べたたい平さんは「あ、おいしい。程のいいコシもあって、すごい香りが口の中で立ってる!」と評した。木久蔵さんは「うん! ちゃんとした歯応えと香りとそばのうまいところが来ますね!」と笑顔でコメントした。土屋さんは「おいしい」と満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:立会川 吉田家 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大井町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:大井町×和食のお店一覧
赤身肉にこだわる焼肉店 イチオシメニューは「黒毛和牛特選コース」
ハライチ澤部も驚く! オリジナルの「しゃぶしゃぶ」で熟成肉を味わう

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP