ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斬新!体脂肪や筋肉量まで測定できるフィットネストラッカー登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歩数や運動量、消費カロリーを測定できるウェアラブルガジェットは多数展開され、すでに目新しいものではなくなりつつある。

しかし、資金調達サイトKickstarterにこのほど登場したInBody Bandは同じウェアラブルでも、体脂肪率や肥満指数(BMI)も測定できるというもの。健康管理やダイエットに重宝しそうだ。

・交流電流データを分析

InBody Bandは韓国のスタートアップが開発を手掛けた。先月米国で開かれた家電見本市(CES)で発表。イノベーション賞を受賞するなど注目を集め、満を持してのKickstarter登場となった。

InBody Bandの外観は他のフィットネストラッカーとさほど変わらない。リストバンド型で、小さなディスプレーがついている。

そのディスプレーの近くに2つの電極があり、交流電流から体内の水分量などさまざまなデータを拾う。それらのデータを使って体脂肪率や肥満指数(BMI)、筋肉量も算出するという仕組みだ。

・ノーティフィケーション表示も

他のガジェット同様、歩数や走った距離といった運動量、消費カロリー、心拍、睡眠時間なども測定できる。データは全て専用アプリで閲覧・保存できるので、自身の体調の変化を管理するのに役立つ。

また、連携するスマートフォンの着信などを表示する機能もあり、運動時だけでなく一日中使えそうだ。

かなり多機能なこのトラッカー、今ならKickstarterで159ドルの出資で入手できる。日本にも発送してくれるので、興味のある人はお早めに。キャンペーンは3月13日までとなっている。

InBody Band/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP