ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「2015年ならではのポップ・スターになりたい」サム・スミスと今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)の対談が実現。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【第57回グラミー賞】で「最優秀新人賞」含む4冠に輝いたサム・スミスと三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカル今市隆二がJ-WAVE『SPARK』の公開収録を2月18日、東京都内で行った。

 グラミー賞受賞後そのまま日本入りし、メディアに引っ張りだこのサム・スミスと、2014年レコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二(Vo.)の日米のポップスシーンを担う二人の夢の対談が実現した。

 まず今市からグラミー賞受賞祝いの花を渡されると「男性から花束を受け取ったのは初めてだよ。アリガトウ」と冒頭から笑顔がこぼれ、今市も「やったー。」と応えるなどなごやかなムードで対談がスタート。日本の印象については、「日本大好きだよ礼儀正しくて、優しくて、みんな歓迎してくれる。」と語り、「イギリス人はこんなに優しくないから、行かない方がいいよ」と会場を笑わせた。

 最優秀レコード賞に輝いたアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』について「共感して、癒されたし、支えにもなるなって感じました。悲しい曲のイメージも変わったので、これから参考にさせてもらいます。」と感想を述べた今市に対してサム・スミスは「まさにそう感じてもらいたかったので、すごく嬉しい」と優しく答えた。

 今市から2015年の目標について聞かれると「みんなにとって在りえない存在のスターではなく、手の届く存在、これだったら自分もなれると夢を与えられるような、2015年ならではのポップ・スターになりたい。世界中の人に受け入れられる音楽を作って、そして良い音楽を作れるんだと世界に証明したい。」と語った。最後はお互いに「いつか共演しましょう」と語り、サム・スミスも終始リラックスして、穏やかなムードで対談を締めくくった。

 対談ではこのほかにもサム・スミスのルーツから注目しているアーティスト、アルバムのタイトルに隠された秘話などが語られた。対談の模様は2月19日の『SPARK』、2月22日の「J-WAVE SELECTION SPARK EXTRA」で放送される。

◎番組情報
『J-WAVE SPARK 今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)× サム・スミス公開録音』

関連記事リンク(外部サイト)

「グラミー賞は僕にとってすべてで、とても幼い頃から夢見てきたこと」― 主要4部門全てノミネート!サム・スミス 最新インタビュー
サム・スミス グラミー効果でBillboard JAPAN洋楽チャート1位に返り咲き、グラミー関連アーティストもチャート急上昇
サム・スミス いよいよ初来日!『スッキリ』生出演、『MUSIC JAPAN』では3000人を前にパフォーマンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP