ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

45才バツ2薄毛男 結婚相手は交際経験ない30代までの美人希望

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中にはまったくもって話が通じない人もいるという。栃木県に住む専業主婦のWさん(65才)は、長年連れ添った夫(65才)とまったく話が噛み合わないと告白する。

 * * *
 うちのダンナと話すと、どうして結婚までこぎつけたか不思議で仕方がない。そのくらい話がかみ合わないの。

 先日、「友達のお嬢さんが結婚した」と話したときもそう。すかさずダンナは、「結婚といえばさ。甥っ子の結婚相手、いない?」と、関係のない話を持ち出してきたの。ダンナの身内で、独身の甥は45才、バツ2でハゲちらかっている男ひとりしかいない。

 そいつの釣り書き持って、「お前も知ってると思うけど、義理堅くていい男だぞ。前の結婚のときの養育費だって、きちーっと払ってて、新しい家庭に入れられるお金は7万円が限度だって。だけど、男の価値は金じゃないだろ。あいつ、心身頑健だし、性格、めちゃくちゃいいからな」と。

 もう返事するのもイヤだから黙っていたら、そのハゲ甥っ子、「相手は30代の半ばまでで、できれば大企業に勤め、髪の毛がサラサラで、かわいいよりは美人なタイプ。おっとりした性格で、それで男と交際経験がないお嬢さんがいい」と言ってんだと。

 頭にきて「そんな人、いるわけないでしょ!」と言うと、「お前はそうやってオレのすること、なんでも反対するっ」とその釣り書きを床に叩きつけたのよ。

 そこまでしておいて、かわいい甥っ子の話はそれ以来なし。なんだよ!

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
親戚の集いで「まあ、飲め」夫 20才の甥を追い回し飲ませる
自称モテ男(47才) 「義母はオレに気がある。間違いない」
生まれ順相性診断 一人っ子と末っ子カップルの結婚は最悪

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP