ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専門家が佳子さまメイク分析「垂れ目に見せて可愛らしさ演出」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ICU(国際基督教大学)ご入学まで、あと1か月余りとなられた秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。成年皇族としてご公務に勤しまれながらも、ご入学までの残された日々を“見聞を広げる”時間として使われる佳子さまのお姿を女性セブンは見守り続けてきた。

 2015年2月26日号では、沖縄で父・秋篠宮さま(49才)と父娘2人きりの時間を過ごす姿を写真付きでお伝えした。だが、その写真をめぐってこんな声が聞こえてきた。ある女性皇室記者がこう話す。

「『女性セブン』が那覇空港で撮ったプライベートなお姿の佳子さまと普段、ご公務でお見かけする佳子さまの目元が全然違う感じがします。やはりご公務の際は、しっかりとメイクをされているのだなと思いました」

 また、女性セブン2015年2月26日号と同日に発売された『週刊新潮』(2月19日号)には、こんな記事が掲載されていた。

《奥二重にアイテープを貼っていた「佳子さま」のダイエット法》

 同誌によれば、佳子さまは奥二重の目を糊でぱっちり二重にした後、アイテープで固定しているという。さらに同誌は黒目がちに見せるために色付きコンタクトレンズを入れている可能性も指摘している。

 この“アイテープ”について、女性セブンはメイクアップ・アーティストに佳子さまの目元を拡大した画像を見てもらった。

「キラッと光っている部分があります。それがアイテープですね。奥二重を二重にするためにテープをお使いなのでしょう。奥二重の人がテープで二重瞼にすると、瞼が若干上がって目が大きく見えるんです。そうするとまつげのラインも上がってくっきりし、マスカラも映えるんです。佳子さまは皇族としてのお立場をわきまえて“美”を楽しんでいらっしゃると思いますよ」

 さらに佳子さまのメイクのポイントについても、こう続けた。

「佳子さまは眉を自然な太さに整えながら、色を薄くしたりと、目元にインパクトを持たせるようなメイクをして、表情を明るく見せていらっしゃるのだと思います。また目の下に絶妙なラインを入れることで垂れ目に見せて、かわいらしさも演出されていますよね。さらに素肌感を大事にされていますから、健康的な印象も強く、出会う人々に安心感も与えます」(前出・メイクアップ・アーティスト)

※女性セブン2015年3月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
学習院大学の「教育学科」 佳子さまの進学を見据えて新設か
パーティーで警備無用宣言の佳子さまに紀子さま不安募らせる
佳子さま「皇族としての自覚」を条件にダンスサークル解禁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP