ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 G原監督に猫の目打線はヒラメキか確信かを問う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本一奪回に挑む巨人のキャンプに「球界の黄門様」こと金田正一氏がやってきた。指揮官・原辰徳監督に金田氏が今年のチーム強化のポイントを聞いた。

金田:具体的に今年のチーム作りのポイントは?

原:(阿部)慎之助、村田(修一)、杉内(俊哉)、内海(哲也)に安易に頼るようなチームは作らないと決めました。既存のチームの解体です。一度壊して、力のあるメンバーをもう一度見極めていきたいと思っています。

 でも一度決めたら、メンバーはそう変えたくはありません。打順も、先発も、中継ぎも、クローザーも。結果的にどうなるかはまだ分かりませんけどね。

金田:昨年は打線をよくいじったな。「猫の目打線」などといわれたが、それはヒラメキか、それとも何か根拠があったのか。

原:その時はそれがベストだと思って、メンバーも打順も試行錯誤しながらやっていました。ただ自分の中に、ものすごくジレンマがあったのも事実です。

 僕はペナントレースは長丁場だと思ったことはないんです。本当に1試合1試合が勝負。144分の1だと軽視してしまうと、ペナントレースなんてあっという間に終わってしまいますからね。今日から強いチームを作る。その日がダメなら、次の日からまた強いチームを作る。その繰り返しだったんです。結果、オーダーが日替わりになってしまいました。

 だから今年はいかに力のある者に働いてもらうか、選手に意識を持たせます。勝ち続けるには、選手自身が危機感を持って準備しなければならない。それは昨年、痛いほど感じたことですね。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森永卓郎氏 AKBの3チームの「毎日公演」システムを絶賛
手抜きするチームあるプロ野球交流戦 王者優遇制度作るべき
熱男、輝氣、翔破…プロ野球各球団が「キラキラスローガン」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP