ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovoは高いカメラスペックの新型スマートフォン「Vibe Shot」を開発中? 1,600万画素カメラ、高速AF機能、RGBのLEDフラッシュを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo が「Vibe Shot」と呼ばれるカメラスペックにこだわった新型スマートフォンを開発しているという情報が、タイの WEB サイト MXPhones でレンダ画像付きで公開されました。Lenovo のフラッグシップモデルが属する Vibe シリーズは「Vibe Z」や「Vibe Z2」といったように規則性を持つネーミングで展開されているので、今回の「Vibe Shot」は新ラインアップになります。同サイトの情報によると、Vibe Shot では背面に 1,600 万画素カメラ(BSI センサー)や AF を高速化する赤外線モジュール、3 色の LED フラッシュが内蔵されているそうです。カメラシャッターや「Pro モード」と呼ばれる専用ボタンもあると言われています。このような仕様の製品は、先日、「Vibe Z3 Pro」という名前で情報が流出していましたが、両者が同一端末なのか、それとも別なのかはその存在を含めて今のところ不明です。このほか、5 インチフル HD ディスプレイ、Snapdragon 615 オクタコアプロセッサ、3GB RAM、Android 5.0(Lollipop)を搭載し、LTE やデュアル SIM に対応しているという情報も伝えられています。Lenovo はここ数年、MWC イベントでスマートフォン新機種を発表しているので、今年の MWC 2015 でこの機種を発表するつもりなのかもしれません(実在すればの話ですけど)。Source : mxphone


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「スマートフォンラウンジ札幌」を2015年3月31日で閉鎖
ZenFone 2 5インチモデル(ZE500CL)のフルスペックが判明
ソフトバンク、Tポイントが貯まる使える電子マネーサービス「ソフトバンクカード」を3月6日に提供開始、豊富なチャージ方法をサポート、送金や現金化も可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。