ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性ポップ・シンガー、レスリー・ゴーアが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性ポップ・シンガー、レスリー・ゴーアが死去

60年代に活躍したアメリカの女性ポップ・シンガー、レスリー・ゴーアが癌のため、ニューヨーク・マンハッタンの病院で亡くなった。68歳だった。

1963年、17歳になったばかりのデビュー・シングル「涙のバースデイ・パーティ」が全米シングル・チャートの1位になった。このシングルのプロデューサーはクインシー・ジョーンズ。エンジニアーはフィル・ラモーン。2人にとっての初めての全米ナンバーワン・シングルとなった。後にクインシーはマイケル・ジャクソン他で、フィル・ラモーンはビリー・ジョエル他で輝かしいプロデューサー歴を築く。

余談だが、この「涙のバースデイ・パーティ」を押さえて1位になったのが坂本九の「スキヤキ」だった。52年前の出来事だ。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。