ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia 2015年モデルの型番「E2303」を名乗るオクタコアスマートフォンがGeekBenchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia スマートフォンの 2015 年モデル用の型番「E2303」を名乗る端末の情報がベンチマークアプリ GeekBench の公式サイトで見つかりました。フェイクの可能性もありますが紹介します。Sony Mobile は先日「Xperia E4(E21XX)」を発表しており、今回の「E2303」はそれと型番が近く、Xperia E4 より上のエントリーモデルとみられます。あくまでも型番から推測されることなので、実際に開発されているのかどうかは不明です(E2353 は開発されています)。同サイトの情報によると、E2303 を名乗る端末は Android 5.0(Lollipop)、1.5GHz 駆動の ARM 系オクタコアプロセッサ、1,804MB の RAM を搭載しています。ところが、Motherboard 欄に「msm8916」と Snapdragon 410 の型番が表示されているのですが、このプロセッサの CPU コア構成は、仕様上はクアッドコアまでで、CPU クロック数も最大 1.4GHz となっており、プロセッサ情報が仕様と食い違っています。Snapdragon 615 か MediaTek MT6752 と表示されていれば一致するのですが…Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、「Yahoo! 知恵袋」のスマートフォン版にスマートフォンゲーム専門Q&Aコーナーを新設
Samsung、Galaxy Note EdgeのAndroid 5.0.1アップデートでミュートモードへの切り替えボタンを提供
Androidアプリストア「Appmart」が国内3社のキャリア決済とアリペイに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP