ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミシュラン「ビブグルマン」を獲得した銀座のラーメン名店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近ごろ、ラーメン激戦区となっているという銀座。数々の人気店、名店のなかから、ミシュランの「ビブグルマン」(星はつかないが安くておすすめのお店)を獲得した2つのラーメン店を紹介する。

■むぎとオリーブ
住所:東京都中央区銀座6丁目12-12銀座ステラビル1F
営業時間:11時半~22時 (土・祝日)11時半~21時
定休日:日曜日

 フレンチのシェフだったオーナーがこだわって、三重・桑名市の蛤を毎日直送。その蛤のエキスだけで出汁をとったスープはまさに絶品で、ミシュラン(ビブグルマン)獲得の名にふさわしい。メンマの代わりに揚げられた長いもと、素揚げされたかまぼこ、三つ葉と殻つき蛤の見た目が食欲をそそる。麺を噛んだ瞬間の歯ごたえは衝撃的。銀座ならではの有名人も多数来店している。

【ラーメン評論家・大崎裕史さんの「ここに注目!」】
 高級な蛤を大量に使用したスープと丁寧に抽出した鶏ベースのスープの2本柱。鶏SOBAを注文すれば、上にのってくる鶏の削り節は珍しく、食べる価値ありです。

■伊藤 銀座店
住所:東京都中央区銀座6-12-2東京銀座ビルディングB1F
営業時間:11時~20時
定休日:無休

 父と兄、叔父もラーメン店主だという社長は、31才にして銀座店を含め3軒の店を持つ。いわばラーメン界のサラブレッドだ。素材にこだわり、スープには季節ごとの最上級の煮干しを使って取る。麺は独自の配合と国産にこだわった小麦を使う。まるで博多ラーメンのような硬めの麺を噛むと小麦の風味が口中に広がる。王子店と共に2店同時にミシュラン(ビブグルマン)を獲得した。

【ラーメン評論家・大崎裕史さんの「ここに注目!」】
 秋田発祥で、全国的に見て新種のパツンと“噛み切る”自家製麺。煮干しラーメンの先駆者ともいえる。この12番地エリアは4軒もの人気店がひしめき合う超激戦地帯です。

※女性セブン2015年2月26日号
蛤SOBA 980円


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
銀座でラーメン店が増加中 客単価1000円超も激戦でレベルup
新ラーメン激戦区銀座の人気店 懐石のお椀イメージの一杯

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。