体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

斉藤和義にボカロに冬のバラード!? 百花繚乱な1月チャート発表!

聴き放題インターネットラジオFaRaoが、音楽ストリーミングランキングの1月度TOP20を発表! 邦楽部門は斉藤和義の「ワンダーランド」が、洋楽部門はアリアナ・グランデの「ブレイク・フリー」が、それぞれ1位を獲得した。

聴き放題インターネットラジオFaRao (okmusic UP's)

ユーザーが「Good」「Bad」を選択することで自分好みの音楽チャンネルが作れるFaRao。この「音楽ストリーミングランキング」は、そこで再生された曲の「Good」率と「Bad」率を集計し、再生回数に加味して独自の計算で算出した月間チャートだ。つまり、アプリで音楽を聴いたユーザーが直感で「いい曲!」と感じた曲を並べたランキングとなっている。

邦楽1位となった斉藤和義の「ワンダーランド」は、昨年12月10日に配信限定でリリースされた新曲。NHK BSプレミアムで放送されたドラマ『ライド ライド ライド』の主題歌で、疾走感ある曲調にエモーショナルな歌声が映える得意のロックンロール・ナンバー。シンプルなギターリフから始まる力強いサウンドと、一度聴いたら耳から離れなくなるようなキャッチーなメロディが魅力の楽曲となっている。今回の結果もデビューから20年以上経ちますます精力的な活動を繰り広げる彼の人気、そしてソングライターとしての実力を証明した形となっている。同じく昨年12月10日には「Endless」も配信リリースされている。こちらはカントリーテイストを活かしたノリのいいナンバーで、歌詞は彼の愛するヴィンテージギターをモチーフにしたもの。こちらの楽曲も、そして2015年の斉藤和義も見逃せない。

また、邦楽上位の注目は「再教育」と「命のユースティティア」をそれぞれ3位、4位にランクインさせたNeru。2013年にメジャー1stアルバム『世界征服』をリリースしたボーカロイドPだ。昨年6月に始まった好評企画「やりすぎボカロPラジオ」のMCとしてお馴染みのFaRaoユーザーも多いはず。ボカロPたちが真面目な音楽話からくだらない話、危ないネタまで好き勝手にフリートークを繰り広げる番組への支持も徐々に広がり、それがランクインにも繋がっている。

また、2位のシェネル「Baby I Love U(English Ver.)」や5位のレミオロメン「3月9日」など、上位にJ-POPのバラードソングが集まっているのもこの月のランキングの特徴。冬の寒い季節にピッタリ似合うような、心温まる楽曲が支持を集めたのではないだろうか。年末から1月中旬にかけては、心に沁みる「泣ける曲」チャンネルの支持も高く、10位の石川ひとみ「元気を出して」などはそこでの支持が集まった形となっている。

そして、洋楽はアリアナ・グランデの「ブレイク・フリー feat. ZEDD」が1位を獲得。昨年にもは「プロブレム feat. イギー・アザリア」で1位を獲得している彼女だが、揺るがぬ人気を見せつけた形となった。もともとオーセンティックなR&Bのスタイルを得意としている彼女だが、この曲はZEDDをフィーチャリングしたギラギラしたEDMのトラック。さらに4位にランクインしている「ラブ・ミー・ハーダー」はカナダ人R&B男性シンガーのザ・ウィークエンドとのコラボで、壮大なエレクトロ・ナンバーとなっている。圧倒的な歌唱力とキュートなルックスだけでなく、このあたりの懐の広さも彼女の魅力かも。新曲「ワン・ラスト・タイム」のリリースも控え、2015年もアリアナ・グランデ旋風は続きそうだ。

というわけで、今月も興味深いランキング結果となっている。邦楽から洋楽まで、また最新ヒット曲から季節やムードに合わせた選曲を楽しめるチャンネル、また独自企画や番組をフィーチャーしたチャンネルなど、さまざまな切り口から音楽と出会うことができるFaRaoアプリならではのチャート状況と言っていいだろう。

【邦楽ランキング】
1. ワンダーランド / 斉藤和義
2. Baby I Love U(English Ver.) / シェネル
3/ 再教育 / Neru
4. 命のユースティティア / Neru
5. 3月9日 / レミオロメン
6. サヨナラ / 岡本真夜
7. say hello good days / 光岡昌美
8. サンキュー。 / 大原櫻子
9. TOMORROW / 岡本真夜
10. 元気を出して / 石川ひとみ
11. ハナミズキ / 一青 窈
12. あなたならどうする / いしだあゆみ
13. 最後の雨 / 中西保志
14. Alone / 岡本真夜
15. ひだまりの詩 / Le Couple
16. 欲望 / ホフディラン
17. 浅草キッド / マキタスポーツ
18. 最愛 / KOH+
19. Dreamland / BENNIE K
20. 車窓 / 柴田淳

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。