ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BenQ、MWC 2015でSnapdragon 8コアプロセッサを搭載した「F52」やエントリーモデル「B50」「B502」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の家電・電子機器メーカー BenQ が 64bit 対応の Snapdragon 8 コアプロセッサを搭載した Lollipop スマートフォン「F52」を含む新モデルを 3 機種発表しました。これらは MWC 2015 イベントで展示されるとともに、台湾やインドネシア、マレーシアなどのアジア圏で販売されることになっています。発表された「BenQ F52」、「BenQ B50」、「BenQ B502」は、CM Security や CleanMaster などを提供している中国 獵豹移動(Cheetah Mobile)とのコラボレーション作品となっており、CM 系アプリがプリンストールされます。各機種の詳細は未公開なのですが、この中でも注目の「BenQ F52」は 5.2 インチフル HD ディスプレイ、Qualcomm の 64bit Snapdragon 8 コアプロセッサ、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラなどを搭載した BenQ スマートフォンでは最上級のスペックを備えています。また、BenQ B50 / B502 は、5 インチフル HD ディスプレイを搭載していおり、B50 は LTE 対応、B502 は B50 をスリム化した派生モデルと言われています。Source : TechNews


(juggly.cn)記事関連リンク
SmartNewsのAndroid版で「インターナショナル版」が利用可能
hi-ho、新しい光回線サービス「hi-ho ひかり」で「hi-ho LTE typeD」のセット割「hi-ho スマート割り」を提供
PushbulletのAndroid版がv15.6.1にアップデート、PCからWhatsAppやFacebook、ハングアウトの返信が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP