ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリコン4位のどる☆NEO リリイベ全日程を終了、両アイドルの今後は…?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コラボレーションアイドルグループ どる☆NEOが、2月15日に池袋サンシャインシティアルパ B1F 噴水広場にて、約2か月に渡り続けてきたDVDシングル『ショコラ☆ロマンティック』のリリースイベントの最終日を迎えた。

<昨年夏のTIFから続いた両者のコラボ>

 昨年夏の【TOKYO IDOL FESTIVAL 2014】でのコラボ企画にはじまり、年末にはクリスマス合同ライブで“どる☆NEO”として『ショコラ☆ロマンティック』をリリースすると発表。年明けより関東圏を中心に、彼女たち12人は同作のリリースイベントを続けてきた。

 アイドリング!!!に所属する新世代メンバーからなるハイエナジーなNEO from アイドリング!!!と、近年楽曲派のアイドルファンからの支持が急上昇中のDoll☆Elements。自身らも「各グループの色が全然違う」と明言してきた両者だが、本作のリリースタイミングで“どる☆NEO”として活動するのはこの日が最後となるだけに、会場にはこれまで以上に多くのファンが駆けつけ声援を贈った。

<今回のコラボで浮き彫りになった両者の魅力とは?>

 今回のリリースイベントには両グループが1曲ずつ単独アクトを披露するパートも用意されていたが、そこでもそれぞれの特徴が顕著に表れていたのが大きな見どころだった。

 NEO from アイドリング!!!は新世代のメンバーを中心とした爽快なパフォーマンスが魅力で、フジテレビ系『アイドリング!!!』で鍛えたトーク力でも他を圧倒。一方のDoll☆Elementsはお人形と変身をコンセプトにしたステージクオリティが高い。ほんわかとしたMCはNEO from アイドリング!!!とは対極と言えるが、だからこそ両チームのコラボに妙味を生み出していたのも面白い点だ。

 イベントのラストの「ショコラ☆ロマンティック」披露では、この曲歌唱終了で今までのコラボが終了することもあり、感極まったメンバーが涙する感動の一幕も。両者は楽屋や取材時でも本当に仲が良く、今回のコラボでさらに親交を深めたそうだが、シンクロ率の高いラインダンスなどはそうした心の繋がりがあってこそ。会場の方々からも終了を惜しむ声が上がっていた。

 こうして一連のリリースイベントを全て終了させた彼女たちだが、DVDシングル『ショコラ☆ロマンティック』はオリコンの週間音楽DVDランキングで4位を記録。今後は別々の活動に戻っていくが、NEO from アイドリング!!!はAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演【NEO殿Live Night】が2月27日、3月6日と控えている。

 そしてDoll☆Elementsは2月28日より初の全国ツアーがスタートし、4月1日にはニューシングル『君とミライ作りたい!』のリリースが発表されたばかりだ。混沌を極めるアイドルシーンにおいて、両者がどのような飛躍を見せてくれるのか、期待しよう。

撮影:杉岡祐樹

◎NEO from アイドリング!!!【NEO殿Live Night】
2月27日(金)、3月6日(金) AKIBAカルチャーズ劇場

◎【Doll☆Elements First Japan Tour ~春が来た!ゆるゆるごとごとトナリでいこう!~】
2月28日(土) 埼玉Live House HEARTS ※SOLD OUT
3月7日(土) 松山KITTY HALL
3月8日(日) 福岡DRUM SON
3月21日(土) 千葉LOOK ※SOLD OUT
3月29日(日) 札幌COLONY
4月4日(土) 大阪Shangrila
4月5日(日) 名古屋 UPSET
4月11日(土) 仙台darwin
4月18日(土) 東京 新宿BLAZE

関連記事リンク(外部サイト)

どる☆NEO インタビュー 『ショコラ☆ロマンティック』のセンターは誰?
冬ソナブームから11年… 日本を愛するRyuが記念ライブ「もっと仲良くして欲しい」
赤マルダッシュ☆ 新曲初披露の場で対バンアイドルのファンを釣る?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP