ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8.6秒「ベネパ」動画大量投下中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大ブレイク中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカー。「ラッスンゴレライ」という、まったく意味はないもののなぜか癖になるフレーズで一気に知名度を上げた彼らが、今度は「ベネパ」とただ連呼するばかりの動画をYouTubeに大量投下し、謎を呼んでいる。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「ベネパ」と題された動画は8.6秒バズーカーのほか、バンビーノ、ピスタチオ、トンファーという4組のお笑いコンビが出演。それぞれが美容室、ボクシングのリング上、タクシーの中、山頂と、様々なシチュエーションのもと、思い思いの口調で「ベネパ」と繰り返すばかりのもの。15秒、30秒、60秒、120秒の4種類があり、計19本投稿されている。

2月9日に公開されて以来、当該動画をすべて合わせた再生回数は約280万回に達しており、ツイッターには

「ラッスンゴレライの次ベネパって…www
意味わからんw」
「めっちゃ笑った
ベネパの意味が気になってしゃーない 笑」
「どんな意味なんだろ…(。-∀-。)
これもラッスンゴレライみたいな感じなのかな?
特に意味のないベネパ♪」

など、意味がわからないという声とともに、それも含めて気になるという声も。

動画の説明には「さて、ベネパとは何でしょう?」としてまとめサイトへのリンクが貼られているものの、そこでは

「笑撃のべネパ、2015年2月べネパ日、遂に全宇宙で公開!べネパ史上類を見ない最高傑作の誕生に、全人類・全生命体・全ベネパがベネパした!!」

という文字があるのみで、やはり意味不明。さらに2月16日22時時点では「もう十分にベネパやりきったので、いったんおうちに帰ります。」という表記に切り替わり、17日18時時点で動画もすべて非公開となった。

ちなみに、「ベネパ」で検索すると、ベネッセホールディングスが2月7日に発表した、住所や氏名、メールアドレス等の登録が不要なプリペイド型オンライン学習プログラム「BenePa(ベネパ)」がヒットする。だが、これと関係あるかどうかも謎だ。

YouTubeに自らの公式チャンネルをもつ8.6秒バズーカー。テレビや劇場だけでなく、動画サイトをも自分たちのネタの見せ場にし、ネットユーザーを巻き込んでファンを獲得していく手腕は、まさにネット時代のお笑い芸人といえるだろう。
(R25編集部)

8.6秒「ベネパ」動画大量投下中はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ラッスンゴレライ 芸能人にも人気
ラッスン完コピで「武勇伝」再評価
ハライチ岩井「腐り芸」で新境地?
クマムシMV「無駄にオサレ」の声
再ブレイクしそうな芸人1位は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP