ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋市守山市が注目集める 2週続けて「ロト7」の1等誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一攫千金を夢見る宝くじファンの間で、名古屋市守山区が注目を集めている。当せん者が出にくく、キャリーオーバーが当たり前という「ロト7」の1等が2週連続で守山区内の売り場で誕生したからだ。その合計額、何と22億円超!

 ロト7は1口300円。1~37までの数字の中から異なる数字7つを選び、すべて的中すると1等最高4億円(理論値)が当たる。

 1等の当せん確率は1029万分の1で、日本の宝くじで最も当たりにくい。そのため当せん者が出ないことも多く、その場合は当せん金が次回に持ち越され(キャリーオーバー)、当せん金は最高8億円まで膨れあがる。

 その1等が2週連続、同じ場所から出た。1月23日、守山区内の「四軒家ヤマナカCC」で1等8億円が、その1週間後にはわずか6kmしか離れていない「新守山アピタCC」で1等7億579万4000円が出たのだ。しかも「新守山」は2口同時だった。驚いたのは売り場窓口の販売員だった。

「守山区内で先週1等が出たばかりなのに、今度はウチで2口ですからね。買い物ついでに買っていかれる方が多く、どなたが買われたのかも想像がつきません」(新守山アピタCC・渡辺みつるさん)

 買い物客の間では「あの人じゃないか」「1人で14億円を手にしたのか」といった噂で持ちきりだという。

 別々の人物が同じ売り場で同じ7つの数字を選ぶとは考えにくい。同一人物が2枚購入した可能性が高いと見るのが自然だろう。ロトの販売を受託しているみずほ銀行宝くじ部に問い合わせたが、「個人情報に関する事柄のためお答えできない」とのことだった。

 前週に1等8億円を出した「四軒家ヤマナカCC」の販売員・茅野照子さんも目を丸くした。

「当店で出たことだけでも驚いていたのに……。守山区に金運のパワーが集まっているとしか思えません」

 しかも、守山区内では昨年4月3日にも「守山イオンCC」でロト6(1~43の数字の中から異なる数字6つを選ぶ。1等最高当せん金の理論値は1億円。キャリーオーバー発生時は最高4億円)の1等、1億2922万4400円が出ている。実に10か月のうちに、ロト6とロト7の1等が4本も出ているのだ。

 守山区内には宝くじ売り場が10数店舗しかなく、この3店舗は同一の販売業者の売り場だ。責任者の渡辺彰氏はこう語る。

「過去、香川県観音寺市の売り場でロト7の1等8億円が2口出たことはありますが、ここまで集中して高額当せんが出たというのは初耳です。しかもこの3店舗はジャンボでも実績がある。それぞれの売り場で福を招き入れようと努力してきましたが、それが実って喜ばしい限りです」

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大阪の宝くじ売り場 ロト7で1、2等同時当せん史上初の快挙
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP